出版実績

出版実績

新刊
なぜか人生がうまくいく「優しい人」の科学

なぜか人生がうまくいく「優しい人」の科学

  • 著者:和田秀樹
  • 定価:1628円(1480円+税10%)
  • 発行日:2024年2月11日
  • ISBN:9784295409328
  • ページ数:208ページ
  • サイズ:188×130(mm)
  • 発行:クロスメディア・パブリッシング
  • 発売:インプレス

自分の周りにいいことが起こる行動習慣! つらい時、しんどい時に心に余裕を持つ方法

あなたは、自分のことを「優しい人」だと思いますか?
こう質問されて、「はい」と即答できる人は、それほど多くないはずです。
ほとんどの人が、「人には優しくありたい」と思っていても、
日ごろの言動を冷静に振り返ってみると、意外に優しくない自分に気づくのではないでしょうか。

人に優しくする際には、さまざまな心理や感情が働いています。
相手に対する「思いやり」や「好意」の気持ちだけでなく、
「打算」や「自己防衛」といった損得勘定が働いていることもあります。

相手に嫌われたくないと思って、表面的な言葉で取り繕う優しさもあれば、
嫌われることを覚悟で進言する優しさもあります。
価値観や考え方が多様化した現代社会では、何が本当の優しさなのか、
ハッキリと明確にはわからないような状況になっています。
人に優しくするというのは、意外と複雑で、思い通りにいかないものです。

人に優しくすると、自分の気持も良くなることで、脳内にセロトニンやオキシトシン、
ドーパミンなどの神経伝達物質が分泌されて、心身にいい影響が生まれることが
科学的に明らかになっていますが、毎日の生活にもさまざまな好循環をもたらしてくれます。

しかし、私たちの生活には、人に優しくなれない要素がたくさんあります。
物価高、上がらない給料、度重なる増税などによって、世の中全体がギスギスとしていますから、
どうしても自分のことだけを優先して考えるようになり、
周囲の人を慮るような精神的なゆとりを見失いがちです。
こんな時代だからこそ、「優しさとは何か?」を考えることで、
その意味と意義を改めて見つめ直す必要があると感じています。

人に優しくできれば、人からも優しくしてもらえます。
優しい人に囲まれると、たくさんのいいことがあります。
たくさんのいいことがあると、人生がうまく回り始めます。
人生がうまく回り始めれば、もっと人に優しくすることができます。

この本をお読みいただいて、毎日を明るい気持ちで、機嫌よく、
前向きに過ごすためのヒントを見つけてほしいと思います。

著者紹介

和田秀樹

1960年大阪府生まれ。1985年東京大学医学部卒業。東京大学医学部附属病院精神神経科助手、アメリカ・カール・メニンガー精神医学学校国際フェローを経て、現在は精神科医。和田秀樹こころと体のクリニック院長。立命館大学生命科学部特任教授。一橋大学非常勤講師、東京医科歯科大学非常勤講師。川崎幸病院精神科顧問。著書に『感情的にならない本』『不安に負けない気持ちの整理術 ハンディ版』『70歳が老化の分かれ道』『80歳の壁』『なぜか人生がうまくいく「明るい人」の科学』など多数。

目次

目次

MORE

はじめに 優しい人になりたいのに人に優しくできないのはなぜ?

 

第1章 優しい人は、なぜ人生がうまくいくのか?

人に優しくすると、自分が損すると思っていませんか?
日本人には、相手の「好意」を勝手に期待するところがあります
人に優しくすることは、見返りを求めなければ「気分がいい」ものです
本当に優しい人は、相手を人として尊重して「敬意」を払っています
「情けは人の為ならず」は科学的にも正しい考え方
普段から人に優しくしていると、たくさんの「チャンス」が生まれます
顧客に愛される努力をしたトヨタのセールスマン
「石油王」と呼ばれた出光佐三の経営者としての優しさ
二世経営者が社員に優しくできない理由
人に優しくしていると、科学的にもたくさんの「メリット」があります

 

第2章 心に余裕を持つための考え方

自分の心の中にある「歪み」の存在を知る
「社会的弱者バッシング」が横行する四つの理由
「自分は運が良かっただけ」と思えれば、自然と人に優しくできる
「自己愛」が満たされている人は、人に優しくなれる
美人や高学歴の人は、なぜ「性格が悪い」といわれるのか?
自己愛が満たされないと、考え方がネガティブになる
自己愛を満たしてくれる人とつき合えば、人生はうまくいく
上手に人に甘えられると、「優しさのキャッチボール」ができる
「上辺だけ」の優しい人に騙されてはいけない

 

第3章 男性が女性に求める優しさ、女性が男性に求める優しさ

男性が求めているのは、母親が与えてくれた優しさ
女性が求めているのは優しい人ではなく、優しくされること
医学的に見ると、誰にでも優しい男性には浮気癖がある
男性が陥りがちな「優しさ」の勘違い
女性に優しくても、モテない男性がいるのはなぜ?
「相手のため」にならなければ、優しさにはならない
優しい人は、相手の気持ちを想像する能力が高い
どうすれば相手の気持ちを想像できるのか?
共感能力が「高い人」と「低い人」はどこが違う?
「共感能力」を高めるための五つの注意点
「摩擦」を起こさないことが優しさだと思っている
異性に優しくするのは意外に難しい

 

第4章 「人に優しく、自分にも優しい」マインドの持ち方

優しさとは、自分の中で「利己」と「利他」を両立させること
余計な我慢をしない方が、「利他」になれる
自分を犠牲にしている人ほど、人に厳しくなる
ムリな我慢を続けても、いいことは何も起こらない
大切なのは「人に優しく、自分にも優しく」というマインド
人に優しくなるためには「美学」を持つことが大切
道徳の「道」はあるが「徳」がない
人と助け合うことで、いい結果が出やすくなる
「優しい人」として生きる時間が長い方がいい
優しさには、相手の気持ちを優しくする効果がある

 

第5章 自分の周りにいいことが起こる行動習慣

ムリな我慢を手放して「自己肯定感」を高める
Part1 優しい人になるために「生活」を高める
習慣① 寝不足にならない
習慣② 自分の「大好物」を食べる
習慣③ ささやかな「幸せ」を楽しむ
習慣④ 「カッコ悪い」と思うことはやらない
Part2 優しい人になるために「考え方を変える」
習慣⑤ 物ごとを「勝ち負け」で判断しない
習慣⑥ 自分を「認めてくれる」人を探す
習慣⑦ 自分の「取り柄」を見つける
習慣⑧ 目の前の相手をきちんと褒める
習慣⑨ お互いに「認め合う」という意識を持つ
習慣⑩ 自分の「いい面」を自分で探す
習慣⑪ 自分が「満たされるもの」を探す
習慣⑫ 勝てる「土俵」を探して勝つ
習慣⑬ 「同情」ではなく「共感」を示す
習慣⑭ 頭を下げるのは「タダ」と考えてみる

 

おわりに ムダな我慢をせず、自分の欲望に忠実に生きる