アーカイブセミナー

お申し込み後、すぐにご視聴いただけます。

  • HOME
  • 【アーカイブ配信】記憶に残り、伝えたくなる。「ストーリーによる広報戦略セミナー」(共催:PR TIMES社)

記憶に残り、伝えたくなる。「ストーリーによる広報戦略セミナー」
(共催:PR TIMES社)

流れ去る情報発信から、記憶に残り誰かに伝えたくなるストーリー発信=広報3.0へ

第一部では、人の記憶に残るアウトプットにはストーリー性が大切である理由を、歴史、文学、経営、事業、コーポレートコミュニケーションの視点から実例と共に紹介いたします。第二部、第三部では、広報活動にストーリーを実装して成果を上げていく手段について、プレスリリース配信サービスのPR TIMES社が運営する「PR TIMES STORY」の遠藤氏と、出版社でマーケティング支援を行う弊社代表の美濃部がお伝えします。
本セミナーはお申込み後すぐにご視聴いただけますので、自社のブランディング・マーケティング活動に是非お役立てください!

セミナー内容

【第一部】20分(講師:株式会社クロスメディア・マーケティング 美濃部)
1.ストーリーは記憶に残り、心を動かし、誰かに伝えたくなる。物語だと記憶にも残りやすく、語られ、広がり、受け継がれる(物語と記憶の関係について)
  • 昔話の視点、文学の視点、アーチストのライブの視点、CMの視点、宗教の視点
  • PR TIMES社のミッションステートメントの事例
2.なぜ、広報活動にストーリーが必要なのか?
  • 増える一方の情報量
  • 情報発信&ストーリー発信のセットの重要性
  • 企業のメディア化(コーポレートサイトの役割、オウンドメディアの役割)
  • ダイレクトにつながることができる時代
  • 想いまでもとどけるD2Cや購入型クラウドファンディング(ストーリー×コマース)
3.コミュニケーション活動活動は次のステージ(STORY Transformation)へ
  • すでにある顕在層刈り取り(=販売促進)の概念だけではなく、潜在ニーズを掘り起こし顕在かさせることが大切。マーケティングの常識さえもが変わる
  • 採用の常識さえもが変わる。そして、その後の定着率や働き方の概念さえ変わる
  • これからの戦略的広報の使命
【第二部】25分(講師:株式会社PR TIMES 遠藤氏)
1.コーポレート・ストーリーテリングとは
  • 企業活動のすべての局面が、ストーリーテリングである
  • それぞれの局面で一番大事なステークホルダーに対して語っていることが小文字のストーリー(telling a story、telling stories)
  • 事業戦略に接続をしながら組織的・継続的に発信する大文字のストーリーテリング(Corporate Storytelling)を実装しましょう
  • 強いストーリーとは
2.社会との強いつながりをストーリーテリングによって実現する
  • ストーリーテリングは企業活動の本質であり、PRの最も大切な実践の一つ
  • 現場に求められる「編集」とは。組織内外に散在するストーリーを集めることから始めよう
  • ストーリーの「置き場所」による情報伝播の仕方の違い
  • コーポレート・ストーリーの集大成としての書籍
【第三部】15分(講師:株式会社クロスメディア・マーケティング 美濃部)
1.「編集力」とは
  • 良さ、強み、伸びしろを引き出し、選び、組み合わせ、ストーリーにする力
  • 企業のすべてから、それができるのが企業出版(逸話、事例、お客様の声、社員の声、家族の声など)を表現できる
2.書籍の価値
  • 書籍の特徴:EAT(Expertise=専門性、Authoritativeness=権威性、Trustworthiness=信頼性)
3.ブックマーケティングの事例
  • クロスメディア・パブリッシングの出版事例
4.企業出版というスタイルをとることで生まれる利点
  • マーケティング活動や採用活動の目的に合わせた出版
  • 書籍からのPR TIMES STORY
5.企業が本を持つことによって、変わる世界
  • 信じたいことが同じになる

こんな方におすすめです

・企業を成長させたいと考える経営者
・企業の広報、マーケティング、ブランディング責任者および担当者

視聴方法・参加費

方法:YouTubeアーカイブ動画
※お申し込み後に限定公開の視聴URLをお送りいたします参加費:無料

【講師プロフィール】

美濃部 哲也
株式会社クロスメディア・マーケティング 代表取締役

1993年電通入社。2000年より(株)サイバーエージェント常務取締役、(株)テイクアンドギヴ・ニーズ取締役、タビオ(株)執行役員、(株)ストライプインターナショナル執行役員、(株)ベクトル執行役員、ソウルドアウト(株)取締役CMOなどを歴任。テイクアンドギヴ・ニーズ社では売上高53億円から464億円までの急成長期を取締役営業統括本部長として牽引。タビオ社での靴下屋のリブランディング、ソウルドアウト社のコーポレートブランディング、デジタルホールディングス社のCI、Digital Shift Timesの立上げ、PR TIMES社のミッション策定など、経営と事業とブランディングに一本の筋を通すことで会社の成長に伴走。「広報は経営とマーケティングを繋ぎ、経営の情報参謀機能である」という考えを一貫。事業会社で、カンヌライオンズ、スパイクス・アジア、ACC、広告電通賞など、受賞多数。

著書:『仕事の研究/ 美濃部哲也』(クロスメディア・パブリッシング刊)

遠藤 倫生
株式会社PR TIMES PR TIMES STORY サービス責任者

1980年生まれ。大学卒業後、高等学校教師を経て教育系スタートアップに勤務。27歳のときにコンテンツ制作業で起業し、政治経済系ニュースの撮影・執筆に携わる。その後ClipLine株式会社取締役を経て、株式会社PR TIMESに入社。PR TIMES STORYのサービス責任者を務めている。

【お申込フォーム】

ーーー注意事項ーーー

  • 競合他社様のお申し込みはご遠慮いただいておりますので、ご了承ください。
  • 録画、録音、撮影、スクリーンショットやダウンロード、資料の無断転用はご遠慮いただいております。
  • アーカイブ動画のURLとともにセミナーのアンケートをお送りいたします。こちらのアンケートにてセミナーに関するご質問やご相談も承っております。ご回答のほどよろしくお願いいたします。

【個人情報保護方針について】
今回ご提供いただく個人情報は、株式会社クロスメディア・マーケティングが取り扱い、個人情報保護方針に基づき厳重に管理いたします。

主催:株式会社クロスメディア・マーケティングセミナー運営事務局
Tel:03-6721-0670
Mail:info@cm-marketing.jp