ブランディング

差別化戦略とは?具体例を用いて意味をわかりやすく解説

  • Pocket
  • LINEで送る
差別化戦略とは

新しいサービスや商品を展開する際、重要になるのが「差別化戦略」になります。他の企業ではなく自社のサービスや商品を選んでもらうためには、具体的にどのような戦略を取るべきなのでしょうか。ここでは差別化戦略の必要性とその具体例について解説していきます。すぐに考え付く戦略以外にも思いがけないようなポイントが眠っているかもしれません。

なぜ差別化しなければならないのか

具体例を確認する前に、まず差別化戦略を行う意味について確認しておきましょう。現代は似たような商品が乱立する選択肢過剰の時代と言われています。商品を選ぶ自由が消費者にはあるものの、選択肢が多すぎてどれを選べばいいのか分からなくなっているのです。選択肢がありすぎるという状況は「分からないからやめておく」という何も選ばない行動に繋がると言われています。人間の心理的行動の1つである「決定回避の法則」と呼ばれるもので、選択肢が多すぎることが逆に選ぶ意思を損なってしまうということです。

サービスや商品を安く提供することで顧客を呼び込む価格競争もありますが、似たような商品であれば似たような価格になることは避けられません。そこで登場するのが差別化戦略です。差別化戦略とは、買い手に価格以上の価値を提供して競合企業に対して優位に立つことを言います。基本的な能力は同じであっても、ブランドイメージやプロモーションによって競合他社との違いを明確に発信し、自社の優位性を確立することで顧客を呼び込むのです。

デザインによる差別化

差別化戦略の具体例としてよく挙げられるのが、デザインによる差別化です。人間は視覚から多くの情報を得ているため、パッと見ただけで他社とは違うということを明確に表すことができれば、それは大きなアドバンテージになります。また、ネット上では多種多様の製品を並べて見る機会が多いため、デザインによる差別化が明確に行われていれば、その効果はより高くなるでしょう。

様々な差別化

この他にも、様々な差別化戦略があります。例えば、同じような価格・機能の商品の場合でも、アフターサービスの有無や充実度によって差別化は十分可能です。逆に他社より価格が高くても、ブランドイメージの付加やフェアトレード、環境に優しいなどのイメージ戦略を行うことで差別化に成功したという例もあります。

消費者により分かってもらうためには

取るべき差別化戦略がはっきりしてもそれだけでは意味がありません。消費者にその戦略を届ける必要があります。デザインなど見てすぐ分かるものなら良いのですが、そうでない場合はいろいろな媒体を利用して自社の戦略を広げていくことが重要です。ホームページに情報を乗せるだけでは不十分で、ツイッタ―やフェイスブックなどのSNSを活用し、自分から発信していく姿勢を取りましょう。展示会や報道も効果的です。この他に有効な手段として注目されているのが、紙媒体です。パンフレットやPR誌の他に、本を出版することで差別化戦略を行うという方法もあります。

本の出版はブランド構築などの戦略を効果的に行うことができる手段として注目されています。見込み客や消費者に自社のサービスや商品について知ってもらうことができますし、理念や意義を伝えることにも繋がります。例えば、商品やサービスが生まれる物語があるなら、それを本に盛り込むことで差別化を行うことができるでしょう。

企業出版が注目される理由

差別化戦略やブランディングのために本を出版するのであれば、企業出版を利用するのがおすすめです。これは出版社に製作費を支払って本を出版する方法で、自費出版との大きな違いは出版社に営業活動をしてもらえるという点です。編集者によるサポートが受けられる上、営業によって書店に本を置いてもらうことができます。従来の自費出版にはないメリットが大きい上、出版社と繋がりがなくとも本を出版することができる点は大きな魅力と言えます。

戦略を広げていこう

デザインやブランドイメージ構築などによって差別化戦略を行うことは非常に重要です。ただ戦略を立てるだけではなく、それを消費者に知ってもらうことを忘れてはいけません。ホームページだけではなく、SNSなどを利用して自ら情報を発信していくようにしましょう。その1つの手段として注目されているのが企業出版です。自費出版とは違い、出版社のサポートを受けながら本を出すことができる点は利用する価値があるでしょう。

  • Pocket
  • LINEで送る

コメントを残す

*