ー企業ブランディング

ステークホルダーと企業の関係性とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
ステークホルダーと企業の関係性とは?二種類のステークホルダーとコミュニケーション方法など解説

ステークホルダーとは?

ステークホルダーとは、企業の活動における利害関係者のことを示します。代表的なステークホルダーには、株主、経営者、従業員、顧客などがあげられますが、行政や地域社会など直接的に影響を受けない対象もステークホルダーに含まれます。

重要なポイントとして、ステークホルダーは企業の活動に関して、利益を得る組織と損をする組織両方を示します。顧客や取引先など利害の一致だけではなく、競合会社のように損失を被るような対象もステークホルダーに該当します。

ステークホルダーは、直接的ステークホルダーと間接的ステークホルダーの二種類にわけて考えられます。では、それぞれの違いをみていきましょう。

直接的ステークホルダー

直接的ステークホルダーとは、企業の活動による利害の影響が直接発生するステークホルダーのことを示します。普段から企業との関係・関わりが深い個人・組織は直接的ステークホルダーに該当します。

直接的ステークホルダーの例
・株主
・投資家
・経営者
・従業員
・顧客
・取引先
・融資などを行っている金融機関 etc…

間接的ステークホルダー

間接的ステークホルダーとは、普段密接に企業との関わりはないものの、企業の活動により間接的に影響を受けるステークホルダーを示します。直接的に関わりがないため、把握が困難な場合もありますが、間接的ステークホルダーも直接的ステークホルダーと同様に重要なステークホルダーです。

間接的ステークホルダーの例
・行政機関
・地域社会
・従業員の家族 etc…

ステークホルダーと良好な関係を築くことが重要

企業のブランド価値の向上や事業拡大のための資金調達など、さまざまな角度から企業の維持や成長にはステークホルダーとの良好な関係を築くことは必要不可欠といえます。ステークホルダーとの良好な関係を築くためには、「信頼関係」の構築が最も重要になります。

ステークホルダーとのコミュニケーション方法

ステークホルダーとコミュニケーションをとる方法はたくさんありますが、「企業出版」という方法で書籍を通じて発信していく方法もあります。

企業出版は、書籍の特徴であるそのコンテンツの深さを活用して、企業が培ってきたノウハウや、サービスや商品に隠された企業の想いなどの知識や理念をしっかりと読者へ届けることができるのです。

また、書籍は創業者や経営者の考えをそのままアウトプットして発信することが可能なので、情報の純度を高く保ったまま、正確に情報を開示していくことができます。

企業出版について詳しくはこちら↓
『企業出版とは?一番わかりやすい入門編~メリットや事例、費用まで~』

まとめ

大量消費の時代から、「倫理的消費(エシカル消費)」という個人が環境や社会のことを考えて消費をする時代にシフトしつつあります。そんな時代の流れもふまえて、企業理念やなにを目的として企業活動をしているのかなどは、ステークホルダーに対してしっかりと発信していくことが重要です。

企業出版を活用してステークホルダーに、しっかりと企業の社会に対する存在意義やこれまで培ってきた集大成を本という物語にして伝えませんか?


この記事を読んだ方は他にこんな記事を読んでいます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

企業ブランディング・企業出版ノウハウ資料

なぜ?多くの企業は本を出版しているのか?

ノウハウ資料 総ページ数36P 無料進呈中 







資料ダウンロード

コメントを残す

*