経営者向け

経営者が本を出版するとなぜ会社の売上が上がるのか?

  • Pocket
  • LINEで送る
出版すると会社の売上が上がる

本の出版をしている人は、比較的会社の経営者が多い傾向にあります。会社の経営者だからこそたくさんの専門分野に対する知識があり、書籍にすることができるのも理由の一つですが、それだけが理由ではありません。実は本を出版するのは自社の売上を伸ばせる可能性があるからです。なぜ売上を伸ばすことができるのでしょうか。

本を出版するときに認知向上が期待できる

会社の経営者が本を出版して自社の売上が伸びる理由の一つは、認知向上が期待できるからです。認知向上とは狭い範囲で認知度が高まることではなく、かなり広い範囲で認知度が高まることです。つまり、それだけ多くの人がその会社を知るきっかけになるということになります。なぜ本の出版をすることにより認知度が高まるかといえば、まず出版をした本を読むことでその会社を知る読者が現れます。読者が現れた後に反響を呼ぶことができれば、次第に今まで読者ではなかった人にも注目されるでしょう。

そうすると、今度はマスメディアがその本を書いた人に注目をし始めます。マスメディアに注目されると取材を受けることになり、それが雑誌や各メディアで取り上げられるでしょう。そして、ますます知名度が高まる仕組みです。さらに運が良ければ、テレビなどに出演することができ、全国的に知られるきっかけになるかもしれません。その段階まで行けば、ある一定の地域でしか知名度がなかった会社が全国的に知られることになり、出版する以前に比べて売上が伸びる可能性が格段に高まります。

認知向上をするためには、その本の中身も重要です。本の中身として書いておきたいことの1つは、他の本には書かれていない内容です。企業秘密に近いような内容を本に書くことで多くの人から注目される可能性が高まります。一度反響があった本はシリーズ化することにより、さらに知名度を高めるきっかけとなるでしょう。

出版することで同業他社より一歩リードできる

本を出版することで同業他社と差別化できる点も売上が伸びる理由の一つになります。かつては、商品やサービスの特徴を伝える情報発信が中心でした。ですが、同じように商品やサービスの特徴を伝えるために積極的に情報発信を行う会社が増えたため、それだけでは差別化を図ることができなくなったのです。そこで、同業他社よりも一歩抜きん出るために本を出版してみましょう。同業他社の多くは本を出版していない中で、自社で培ったノウハウをその本の内容に詰め込めば、他社よりも一歩リードすることが可能になります。

出版がきっかけで良い人材が集まりやすい

良い人材をが集まることにより、売上を伸ばすことができるようになります。良い人材を集めるためには会社自体がしっかりと経営していることが重要になりますが、それだけでは足らず、会社側から様々な情報を他社や消費者に提供することが重要になります。その一つが本の出版です。これから転職を考える人も、転職先の情報を手に入れたいわけですが、情報源が無ければなかなかそのような情報を手に入れるのは難しいです。ですが、経営者が自ら本を出版していれば、その会社の理念だけでなく考え方や情熱などを伝えることができ、情熱を持った人材が入る可能性が出てきます。

本を書く際に自社の強みを再認識することができる

経営者は本を出版することにより、自社の強みを明確にすることができることも魅力の一つです。本を出版するためには、自社の考え方をもう一度洗い直さなければいけません。本を書くときにはわかりやすく、まとまりのある内容を書かなければいけないため、その時に自社のリサーチを重ねることになるはずです。この段階を踏んでいくと自社と他社の違いは何か、自社の得意としていることは何かを突き詰めるきっかけとなり、自社の強みがさらに明確になります。それが売上につながるきっかけの一つになるでしょう。

経営者が出版することで売上が伸びる仕組み

会社の経営者が本を出版すると自社の売上が伸びる可能性があります。その理由の一つは、知名度が高くなるからです。本の売れ行きが良ければ良いほどマスメディアに注目されやすいため、読者以外にも伝わる可能性があります。また、本を出版することで良い人材を集めるきっかけとなることや自社の強みを再構築できる点も売上が伸びるきっかけとして見逃せないポイントです。

  • Pocket
  • LINEで送る

コメントを残す

*