集客/営業ツール

コンテンツマーケティングとは?実施のメリットをわかりやすく解説!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

良質なコンテンツをWEB経由で多くのユーザーに提供することができれば、大きく予算を投下することなく始めることができるのが「コンテンツマーケティング」です。

メリットやその手法について簡単に解説させていただきますので、より効果的なコンテンツマーケティングをするための参考にしてみてください。

コンテンツマーケティングとは?

「コンテンツマーケティング」とはその名の通り、コンテンツを用いて顧客を拡大していく手法のことを指します。軸となるのは、多くの読者にとって有益な情報が載っている「価値のあるコンテンツを制作し、発信する」こと。サイトにコラムなどの記事投下ページを用意して、自ら文章を書くことさえできれば、大きなコストをかけることなくスタートできるというのも魅力の一つと言えるでしょう。このコンテンツによって、見込み客となる層を「育て」、最終的には定期的な購買や利用をしてもらえる「ファン」にまで育てていくことによって効果を最大化していくこととなります。

従来型のマーケティング手法ではすぐにでも顧客となる「顕在層」へのアプローチが中心となっていました。一方、コンテンツマーケティングはこの先顧客となり得る「潜在層」を掘り起こし、コンテンツによって後押しをして顧客にするということに比重をおいたマーケティングの手法です。

コンテンツマーケティングのメリットとは?

「簡単に始めることができる」という大きなメリット以外にもコンテンツマーケティングを実践することにはさまざまな利点が存在します。ここでは、コンテンツマーケティングの持つメリットについてより深く考えていきたいと思います。

広告宣伝費を削減できる

リスティング広告やディスプレイ広告においては、対象となるユーザーが検索するであろうキーワードに応じて入札をおこなうこととなります。広告を目にしたユーザーがクリックすればそれによって課金されていくため、大々的な広告展開をしようとすると一気に広告費は膨れ上がっていってしまいます。

ターゲットとしているユーザーが検索しそうなキーワードを絞り込み、コンテンツマーケティングをしっかりおこなっていくと副産物としてGoogleやYahoo!で検索した際の順位向上(SEO)なども見込むことができます。検索結果で上位に表示されるようになれば自然検索によるユーザーがサイトへと流入する数が増加するようになるため、ターゲットとしているキーワードに対して投下する広告費も自然と削減することができるようになります。

作成したコンテンツは一過性のものではない

広告出稿などによって費やす費用はその場の顧客獲得に消えて行ってしまいますが、一度作成したコンテンツはそのまま残り続けます。

古いコンテンツについては定期的に情報のアップデートなどをおこなう方が理想的ですが、コンテンツ自体は「財産」として捉えるべきものです。

定期的なコンテンツの追加によって、サイト規模の拡大につながりSEO的な強化にもつながります。また、サイトに投下したコンテンツをベースにし、内容を強化・ブラッシュアップさせた「ホワイトペーパー」を作成して、メールアドレスを登録してくれたユーザー向けにダウンロードコンテンツとして利用する例も。作成したコンテンツをより進化させて「最終的に一冊の本にまとめる」といった発展性のあるものであるというメリットも存在します。

専門家としてブランディングできる

専門的な知識を持っていながら、現状うまくブランディングができていない企業や個人がコンテンツマーケティングをおこなうことは大きなプラスの効果をもたらします。良質なコンテンツを定期的に提供することが可能であれば、「豊富な専門知識を持つその道の専門家である」という風に広く認識してもらえるようになるのです。

「日本一」や「売上No.1」といったわかりやすいアピールポイントとなる特徴を見出すことが難しい企業や個人が取り組むことで、最終的に「〇〇の専門家」という肩書を獲得できる可能性もある点は見逃せません。

顧客のロイヤリティ・信頼を得られる

専門的な知識を定期的に発信していれば、顧客は自然と「これだけ上質な情報を提供できるということは信頼を置ける」と感じるようになります。商品やサービスを選ぶとき、またビジネスパートナーを選ぶ上で「企業や人物の信頼性」というのは大きな比重を占めるもの。

どんなものであっても信頼のおける相手から購入したい、ともに何かをおこなうのであればより信頼性の高い企業と取り組みたいというのは自然な感情です。

コンテンツマーケティングによって獲得できる信頼性によって、新規顧客の獲得だけではなく、リピートが生まれればより大きな利益を継続的に生み出すことにつながるでしょう。

幅広い地域に情報を配信できる。

サイトやブログ、Twitter、Facebook、Instagramなどのソーシャルメディアを活用することによって、広域な情報発信が可能となります。「コンテンツマーケティング」によって日本はもとより、世界のユーザーに向けて発信することでそれまでには商圏として想定していなかったような地域の顧客獲得につながる可能性も秘めています。

より細かな内容については公式サイトやブログにコンテンツとしておいておき、抜粋した内容をSNSで発信していくといったようにメディアの特性に合わせて使い分けをしていくことがコンテンツマーケディングにおいては重要となります。

コンテンツマーケテイングの課題

クオリティの確保と継続の難しさ

コンテンツマーケティングにおいて重要となるのは、やはり発信するコンテンツのクオリティ。専門性の高い内容を求められるだけではなく、良質であることも求められるため「クオリティコントロールが難しい」というのが一つの課題です。

「外部のライターに依頼する」といった方法も考えられますが、専門的な知識を求められるライティングを依頼するにはそれなりの費用がかかるものです。

また、「書くこと」には長けていても専門性には弱いライターも多くいるため、執筆においてはより詳細な指示を求められる可能性もあります。そうなってしまうと、自分で書いた方が早いといった事態にもなりかねませんので、ライターへの依頼には慎重さも必要だと言えるでしょう。

効果が出るまでに時間がかかる

「今すぐにでも効果が欲しい」と短期的な効果を望みたい場合には、中長期的な施策となるコンテンツマーケティングは最適な手段であるとは言えません。

SNSなどで拡散されるといったことにより記事がバズるなどして一時的にアクセスが向上するといった可能性は考えられるものの、コンテンツマーケティングは即効性には欠けるものです。一時的なアクセス向上があれば、その中からリピートしてアクセスしてくれるユーザーを育て、最終的な顧客に育てるといった形となりますので、本当にすぐに効果を出したいというのであれば、広告配信による顧客誘導などと同時並行することがおすすめとなります。

コンテンツマーケティングのまとめ

コンテンツマーケティングは気軽に始めることができ、将来的な発展性を考えていくと「書籍出版」とは非常に相性の良いものであるという点がおわかりいただけたのではないでしょうか? 企業出版のクロスメディアマーケティングは、書籍を出版することでコンテンツマーケティングのお手伝いをさせていただきます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

ベストセラー編集者があなたのための
ブランディング出版企画を考えます









ご相談・資料請求はこちら ▶