マーケティング

オウンドメディアの意味とは?始め方から運用までわかりやすく解説!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

保有する公式サイトやブログなど、自社によってその内容がコントロールできるメディアのことは「オウンドメディア」と呼ばれています。オウンドメディアをプロモーションやブランディング、顧客獲得に利用する上でどのような特徴があるのか見ていきましょう。

トリプルメディアとPESOとは?

「オウンドメディア」を知る上でまず知っておくべきなのが「トリプルメディア」と「PESOモデル」両者について簡単に触れておきたいと思います。

これまでは消費者が日常的に触れるメディアを3つに大別することが多くありました。

「ペイドメディア」…企業側が費用を投下して、広告出稿するメディア

「アーンドメディア」…SNSでの拡散や、大手メディアで紹介されることによって、消費者からの共感を獲得することができるメディア

「オウンドメディア」…企業が所有し、管理・運営をしているメディア

これらは「トリプルメディア」と呼ばれてきましたが、近年ではアーンドメディアをさらに2つに分けて考える「PESOモデル」というものも存在します。

「ペイド(Paid)」「アーンド(Earnd)」「シェアード(Shared)」「オウンド(Owned)」の頭文字を取って名付けられたこのモデルにおいては、

「アーンドメディア」…大手メディアによって報道・紹介されるまたはインフルエンサーによって広く情報が発信されるメディア(報道・紹介などにあたっては金銭が発生しないもの)

「シェアードメディア」…一般ユーザーによる商品に対する感想など、口コミ・SNSなどにおいて消費者が起点となって共有・共感などがされていくメディア

といった定義になっており「PESOモデル」は一部では「クワトロメディア」と呼ばれるようにもなっています。

オウンドメディアとは?

「オウンドメディア(所有メディア)」というのは、コンテンツを100%自らコントロールすることのできるメディアのことを指す意味の言葉です。

広義では企業が発行するパンフレットや広報誌なども含まれていますがWEBマーケティングやプロモーションの世界においては、公式サイトやTwitter,Facebook,Instagramなどの各種SNSの企業アカウントなどがこれにあたります。

オウンドメディアでできること

オウンドメディアと通して、自社や商品・サービスについての情報を発信することによって、ユーザーがなかなか気付きづらい魅力を伝えることや、商品やサービスが消費者の生活のどのような場面において役立つのかを紹介することも可能です。

オウンドメディアは、潜在顧客への認知拡大という役割を果たすことはもちろん、既存顧客をより優良顧客へと育てていき、顧客の生涯価値(LTV)を高めることの助けることにもなります。

オウンドメディアが苦手なこと

オウンドメディアによるマーケティング・プロモーションを展開していく上であまり期待しない方が良いのは「即効性」です。決して短期間で簡単に成果が上がるものではないという点は認識したうえで、オウンドメディアを活用することが大切です。

企業がオウンドメディアに取り組むメリットとは

オウンドメディアは企業がその内容をコントロール出来ることから、特に公式サイトやブログなどの場合にはSEOを強く意識することが可能となります。

すぐに自らの顧客となり得るような、リスティングやディスプレイ広告に使用するキーワードだけではなく、間接的に顧客となり得る潜在的な顧客に対してアプローチする上で、SEOはとても有効な手段と言えるでしょう。

ロングテールやミドルワード、スモールワードと言われるようなペイドメディアには予算投下がしづらいようなワードでも、オウンドメディアが検索順位上昇していれば、大きなメリットにつながります。将来的にターゲットとなり得る潜在顧客が自然検索によるサイト流入する可能性も高まりますので、Twitter,Facebook,InstagramなどのSNSのアカウントを活用したプロモーションと合わせて、予算を抑えたプロモーションを実現できるというのは、オウンドメディアの大きな強みです。

オウンドメディアの始め方

オウンドメディアの運用を始めるにあたっては、少なくとも「ペルソナの設定」「サイトコンセプトの設計」「カスタマージャーニーの設計」といったコンテンツ設計をする上での詳細な準備が必要となります。

ペルソナ(ターゲット)の設定

自社の商品やサービスがどのような層をターゲットにしているか?という点を想定しながら、読者となるであろうペルソナを細かに設定していきます。

年齢・性別・職業・家族構成・居住地域・趣味といった情報をより具体的に考えていくことによって、どのような情報を伝えていきたいのか、どのような情報が喜ばれるのかというのが自ずと見えてくるように。

場合によっては、複数のペルソナを設定してみることも、オウンドメディアの運営においては重要となります。

サイトのコンセプト設計

オウンドメディアにおいて「サイトコンセプトの設計」というのは欠かすことができません。市場における自らの立ち位置をより客観的な目線で考えながら、自社や自社が提供する商品・サービスの強みを巧みにアピールしながら、先ほど決めたペルソナが欲するような情報を提供できるのか?という部分を基本としてサイトコンセプトを決定していきます。

重要なことは、メディアとしてコロコロコンセプトが変わりすぎてしまうことは避けるべきという点です。サイトコンセプトはある程度堅持しながら、一定期間は運用していくことも大切だということは念頭に置いておく方が賢明です。

カスタマジャーニーの設計

どのような商品においても共通することではありますが、多くのユーザーはまず商品やサービスを「認知」することから始まります。そして興味が沸けば、より深く知りたいと感じ「情報の収集」を行うのです。収取した情報を基に、競合商品または類似している商品との「比較・検討」という段階を経て、最終的には「購買や消費」という行動に至るのです。

各段階において、消費者がどのような情報を欲しているのか、そしてどのようなコンテンツを提供すれば喜ばれるか?という点については「カスタマージャーニーマップ」を作ることが有効です。

サイト制作とコンテンツ制作

オウンドメディアの運営にあたっては、オリジナルコンテンツを頻繁に作成・投下する環境としてCMS(コンテンツ管理システム)を使用することが便利です。CMSにもさまざまな種類がありますが、多くのサイトで使用されているのはWordpressやMovable Typeです。

CMSと言われてもどのようなものなのか?がなかなかイメージ出来ない方もいらっしゃるとは思いますが、ブログの管理画面を作るためのシステムがCMSだと考えると理解しやすいでしょう。

テキストコンテンツの投稿編集の機能や、画像の追加などWebページの作成をゼロからおこなうことが難しいと感じる方はCMSを導入して、コンテンツの追加などを行える環境を作ることが重要となります。

サイトに投下するコンテンツについては、カスタマージャーニーマップや、マーケティングファネル(認知・情報収集・購買/消費の各段階における顧客の絞り込み)も意識しながら、制作し、定期的に投稿・更新をおこなうことが大切です。

webサイトの効果的な活用について詳しい記事はこちら↓

『サービスサイト(LP)を効果的に活用するために必要な3つの価値』

オウンドメディアのまとめ

オウンドメディアの効果的な運用にあたっては、読み手となる既存顧客や潜在顧客が求めている情報をいかに有効に伝えることができるのか?を意識した上でコンテンツを作成することが重要となります。

企業出版のクロスメディアマーケティングは、出版とオウンドメディアと連携して貴社の集客力を向上します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

ベストセラー編集者があなたのための
ブランディング出版企画を考えます









ご相談・資料請求はこちら ▶