ストーリーブランディング

ストーリーマーケティングとは?企業経営を強くする物語のチカラを解説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

投稿日:2022年12月2日 | 最終更新日:2024年1月19日

  

デジタル化が進んで、企業のマーケティング活動の中に、気づきや発見のある瞬間や心ときめく機会が少なくなってきています。本来、マーケティング活動はワクワクするものであるべきはず。しかし、近年のマーケティングはデータから読み取った情報からターゲティングをして、「今だけ、ここだけ、あなただけ」といった「販促」マーケティングばかりです。そして消費者は、その販促マーケティングに日々追いかけられ、「気持ちが疲れてしまう」なんてことも耳にします。また、社会的に個人情報取り扱いの流れも大きく変化してきており、企業も消費者もデジタルマーケティングの限界やつまらなさに気づきはじめています。

このような時代の中で、本来のワクワクするマーケティング活動を呼び戻すには何が必要なのでしょうか。

ワクワクするマーケティングとは、「思わずだれかに話したくなる」ような、そんな強く記憶に残るメッセージを届けることだと思います。

そしてそれは、「物語」のチカラで実現ができます。なぜなら、人々に強烈な印象や記憶を与えることができるのは、そこに感情を揺さぶられる物語がいつもあるからです。

企業が持っている物語の原石を磨き、編集し、発信していくことで、その物語に共感や感動をしてくれた人が顧客として、ファンとして企業を応援してくれるでしょう。

または、同じ物語を創っていくパートナーやメンバーとして苦楽を共にしながら走っていく仲間を見つけることもできるでしょう。

物語を発信して、信じる人が増えれば、企業は強く豊かになっていけるのです。

私たちクロスメディア・マーケティングは、「物語の力」ですべての企業のマーケティング活動に深さと広がりを創っていく会社です。18年間にわたり数々の書籍などの出版を通じて培われた編集力によって、それぞれの企業や商品・サービスが持っている物語の原石をオリジナルのストーリーにしていき、それをマーケティング活動に組み込んでいきます。

マーケティング活動を本来あるべき姿へ。つまり、「気づき・発見・ときめきによって、新しい市場やお客様を創る」というマーケティングへ。そういったことを、お客様と一緒に、ひとつひとつ形にしていきたいと考えています。もしかしたらそれは、会社経営自体が人の心を豊かにしていくものになっていく、ということにさえ通じていくと思うのです。

「すべての企業が物語を持つことによって、心豊かな人が日本中に溢れていく。」それが目指していきたい世界であり、私たちの物語です。この世界を仲間と一緒に、お客様と一緒に、パートナー様と一緒に目指していきたい、形にしていきたいと思っています。

合言葉は、「物語の力で運命の出会いと可能性を。」です。

是非、あなたが持つ素敵な物語を広めるお手伝いを私たちにさせてください。もちろん制作だけではなく、ストーリーとして、それらをマーケティング活動に組み込んでいくまでをしっかりとご提案させていただきます。

あなたの物語(ストーリー)をお聞かせください。
お問い合わせはこちら

 


この記事を読んだ方は他にこんな記事を読んでいます。

コメントを残す

*