出版マーケティング入門

意外と知らない3つの出版形式。違いと特徴を詳しく解説!

  • Pocket
  • LINEで送る
3つの出版形式
はじめに

「出版」と一言でいっても、3つの形式があることをご存じですか?「商業出版」と「自費出版」、「企業出版」という3つの出版形式があります。一般的に「出版」というのは、出版社と著者で企画したコンテンツが、書籍という形で書店に並ぶことを意味します。その中で「書籍を活用して何を実現したいのか」という目的が、出版形式によって異なります。この記事では3つの出版形式について詳しく解説していきます。

商業出版

出版社主導で企画制作される一般的な出版形式

一般的に「出版」といった場合の出版形式が「商業出版」です。出版社が書籍の内容を企画し、著者を選定、本を制作する形式です。商業出版の目的はベストセラーを作ることです。編集者は世の中のトレンドを調査しながら企画や著者を考えます。他の出版社がまだ出していない斬新なテーマや新しい切り口を見つけられるかがポイントです。また、著者名も売上げを大きく左右する要素の一つです。企画の切り口に新鮮味がなくても、「この人が書いてるんだったら読んでみようかな」と読者に思ってもらうことで手にとってもらえる可能性があるためです。そのため、上場企業の経営者や業界の第一人者、実績のある大学教授など、世間的認知度の高い方が著者として選ばれることが多いです。

著者側からみた商業出版のメリットは大きく3つあります。1つ目は制作費がかからないことです。商業出版は、制作費を出版社が負担します。2つ目のメリットは、印税収入が得られることです。出版した書籍がヒットすれば著者にとっても大きな収入源となります。そして3つ目のメリットは、書籍の発行部数が3000部以上と多いことです。出版社もヒットを狙って書店展開を企画していくので、世に出回る書籍の部数も多いです。それだけ著者のさらなる社会的知名度の向上につながります。

一方でデメリットもあります。本を売ることが目的であるため、著者が伝えたいメッセージが反映されないこともあります。ヒットする書籍の条件の一つに「わかりやすさ」がありますが、情報をわかりやすくするほど著者の意図とずれることもあります。しかし、ヒット作を作ることが目的なので、著者の意向が反映されないケースもあります。また、発行部数や書店展開などの販売戦略は出版社主導で決めるため、マーケティングとして活用したい場合には、商業出版は向かないケースもあります。

商業出版の特徴

✔ 出版社の本業であり「読者のニーズ」と「世の中への影響力」を軸に企画・制作される
✔ 出版社の本業だから、勿論出版にかかる費用も出版社持ちである

自費出版

著者主導で企画制作される出版形式

「自費出版」とは、著者が費用を負担して書籍制作を行う出版形式になります。こちらは商業出版とは異なり、本を出したいと思う人(著者)が主体となって出版する形式です。出版の目的は様々で、「これまでの人生を振り返って自伝としてまとめたい」や「自身の経験やノウハウを多くの人に伝えたい」など多岐にわたります。著者が自身の活動を周囲に知ってもらいたいという思いで本を作るケースが多いです。出版社主導の企画ではないため、著者が自身で制作費を負担します。企画や執筆も自らで行います。企画、編集、などの制作工程で出版社が細かく口出しすることがないため、タイトルやデザインなどを自由に決めることができます。中身から表紙のデザイン、その他細かいところまで著者のこだわりをしっかりと詰め込むことができます。そのため、伝えたいメッセージを書籍にしっかりと込められることがメリットとして挙げられます。

一方でデメリットとしては2つ挙げられます。1つ目は、制作費がかかることです。自費出版の見積もりを行ってくれるサイトも多々ありますが、発行部数や本のサイズ、カラーを何色するかなど多くの要素によって制作費用は大きく変わります。こだわりを持って制作すればするほど相応に費用もかかってきます。自費出版にかけられるコストと詰め込みたいこだわりのバランスを調整することが必要になってきます。そして2つ目は、発行部数が少ないこと(100部程度)です。ベストセラーを狙って書店展開を行っていく商業出版とは異なるため、大量に印刷して全国の書店へ流通するということはあまりありません。著者自らで周囲の人へ配布することが一般的です。そのため、自費出版は企業というより個人で検討される方が多いです。

自費出版の特徴

✔ 著者自らが企画できるので、伝えたいことを自由に表現できる
✔ 執筆を自分で行う必要があり、制作費も自己負担である

企業出版(カスタム出版/ブランディング出版)

企業の目的に合わせて企画・制作される出版形式

商業出版、自費出版の他にもう一つ、「企業出版」という出版形式があります。企業出版の目的は、集客やブランディングなどの経営課題の解決です。「商品・サービスをもっと多くの人に知ってもらいたい」「社員に企業理念を浸透させてエンゲージメントを向上させたい」「採用活動のミスマッチを減らしたい」など企業が抱える経営課題を、書籍の活用を通して解決することを目的とした出版形式です。商業出版と異なり、企業側が伝えたいメッセージをしっかりと形にできるというメリットがあります。そのため、経営者や広報担当者が著者になるケースが多いです。

企業出版は、企業が制作費を負担することになりますが、自費出版と異なり全国の書店への流通も行います。部数も1000部以上展開するケースが多く、予算に応じて企業側で部数を調整することができます。ま書店展開に際して、イベントの開催、Webでのプロモーションなどの販売戦略を企業主導で決定することも大きなメリットです。企業出版は書籍を制作して書店に流通するだけで終わりではありません。書籍には「信頼性が高い」「ストーリー性を持たせることができる」「長期的に活用できる」という特長があります。これらをフルに活用して、イベントや他のメディアと連動することで、書店というルートを起点に他の広告媒体では実現できない独自のターゲティングもできます。

その他にもプロのライターによる執筆も可能であることもメリットです。ちなみに、書籍を通じて企業のマーケティング施策を行うことを「出版マーケティング」と言います。企業の課題解決の手段として出版マーケティングを活用する場合は、企業出版が最適な出版形式だと言えます。企業出版は、商業出版と自費出版の長所を取りこんだ出版形式とも言えます。

企業出版(カスタム出版/ブランディング出版)の特徴

✔ 企業の集客やブランディングを目的として企画・制作される
✔ 企業が費用を負担するので、自費出版と違って様々な用途への活用や全国への書店流通が可能である

まとめ

以上、3つの出版形式についてご紹介してきました。一言で「出版」と言っても、目的によって特徴が大きく変わります。そして近年、企業出版が注目されるようになってきています。テレビや新聞に加えてSNSというマスメディアがしたことで、低コストで大多数の潜在顧客へのアプローチができるようになった現代において、書籍が見込み客へのPRを効果的に行えるという他の媒体にはない特長を持っているためです。こちらについてはまた別の記事で詳しく解説していきます。

  • Pocket
  • LINEで送る

コメントを残す

*