出版実績

出版実績

新刊
元銀行員×経営者が教える 幸せになるための事業承継とM&A

元銀行員×経営者が教える 幸せになるための事業承継とM&A

  • 著者:松丸史郎
  • 定価:1,738 円(1,580 円+税10%)
  • 発行日:2024年6月14日
  • ISBN:9784295409830
  • ページ数:216ページ
  • サイズ:188×130(mm)
  • 発行:クロスメディア・パブリッシング
  • 発売:インプレス

あなたは、起業もM&Aも経験のないサラリーマンコンサルタントに自社の未来を委ねられますか?

本書は、自身が起業家で経営者でもある著者が、事業承継とM&Aについてケーススタディと共に、実践的な方法を解説する一冊です。
著者自身の豊富な経験と知見、そして人的ネットワーク基に、事業承継とM&Aを成功に導くためのポイントを分かりやすく説明しています。

事業承継とM&Aは、自社の存続と発展に欠かせない戦略ですが、同時に多くの課題や困難が伴います。
本書では、これらの課題を乗り越え、売却側・買収側の双方が「幸せになる事業承継・M&A」を実現するための具体的な手法を提案します。
また、「買い手は企業のどこに注目しているのか?」「売り手が売却の際に陥りやすい落とし穴は?」など多く寄せられる疑問にも答えています。

企業オーナーや経営者、M&Aを検討している方など、事業承継とM&Aに関心を持つ全ての人に役立つ一冊です。

著者紹介

松丸史郎

株式会社テイクコンサルティング代表取締役

早稲田大学社会科学部卒。愛知県出身。
22年間銀行員として法人向けに融資・法的整理・再生実務などを経験。その後10年以上にわたり、事業承継・M&Aコンサルタントとして中小企業の事業承継に深く従事している。常に「現場と人に根付いたコンサルティング」を実践・実装し、その手腕で数多くの事業承継支援や経営指導を成功に導く。
また、自身が起業の経験・売却の経験を有しており、経営者の気持ちを汲み取った条件、知財や従業員も守る売却を目指している。中小企業の存続が日本の繁栄に不可欠であるという信念のもと、中小企業を専門に売り手と買い手が幸せなになる事業承継・M&Aを行う「株式会社テイクコンサルテイング」を2015年4月に設立。日々忙しい経営者にとって一番大事にしてほしい「急ぎではないが重要」なことを考えるための時間―「テイクタイム」を伝えている。

ホームページ:https://take-ma.jp

目次

目次

MORE

はじめに

 

第1章 私がM&Aコンサルタントになったワケ

日本の中小企業の現状
7割の中小企業が赤字経営に陥っている
中小企業の存亡を担う「事業承継」と「M&A」
日本の中小企業は3つの「不足」に陥っている
①人材育成能力
②後継者不足
③リテラシー不足
なぜ、私がM&Aコンサルタントになったのか?
銀行員として支援できる限界
日本の中小企業を未来に繋ぐために
あなたの会社の10年後を想像できますか?
重要だけど、緊急ではない課題「M&Aと事業承継」
決断は先でも、検討は今からだ
column vol.1 MAとIPO、どっちがお得?

 

第2章 M&A業界の「今」と「テイクだからできること」

国内M&Aのいびつさ
大手寡占による弊害
なぜ、大手はノルマ至上主義に囚われてしまうのか?
テイクコンサルティングだからできること
真のクライアントファーストとは?
豊富な経験とノルマ主義に縛られないコンサルティング
着手金0円で期日を設けず粘り強く
弊社独自のシステム「テイクタイム」
column vol.2 東京プロマーケット、その魅力とは?

 

第3章 「幸せな事業承継とM&A」とは?

私の描く、M&Aの成功の定義
M&Aは四方よしを目指す手段
M&Aにおけるホームドクターの重要性
M&Aは「お見合い結婚」と同じ
M&Aの成功率と離婚率
M&Aの流れを知る
M&Aは大まかに8ステップで行われる
買い手はどういった点を重視しているのか?
M&Aを成功に導く買い手企業の特徴
そもそもPMIとは?
M&A後に陥りがちな罠
座敷犬化現象
定性と定量の統合の難しさ
「放っておいても自走する」という幻想
column vol.3 M&Aの落とし穴「ロックアップ編」

 

第4章 日本の中小企業の10年後を想って

激動の時代でM&Aと事業承継の重要性は高まり続ける
海外事例から見る、日本のM&Aの変化
日本テレビ放送網による
スタジオジブリ買収から見る日本企業の生存戦略
日テレに見る、日本企業の未来図
日本テレビのコンテンツ戦略
日本テレビのスタジオジブリ買収の狙い
日本の中小企業の未来を思って
column vol.4 M&Aの思わぬ壁「資金調達編」

 

第5章 多くの相談者さまの声に応えるQ&A

Q1 本当に買い手は見つかるでしょうか?
Q2 実際、いくらぐらいの価格で売れるのでしょうか?
Q3 売却後、従業員の雇用はどうなるのでしょうか?
Q4 取引先との関係は悪化しませんか?
Q5 売却後の社長の立場は?
Q6 従業員や取引先に知られずに進められるでしょうか?
Q7 事業売却を検討し始めたら、まず何から準備すればよいでしょうか?
Q8 株式が複数の株主に分散している場合はどうなるのでしょうか?
Q9 事業承継に強い専門家の選び方は?