M&A エグジットで連続起業家になる

コンサルティング

M&A エグジットで連続起業家になる

M&A エグジットで連続起業家になる

人生は一度きりだが社長人生は一度だけじゃない

ミレニアル世代の起業家が考えるベンチャー企業の成功とは、地位や名声、他人目線による成功ではなく、自身の社長観や仕事観に合った自己実現への強い欲求がベースにあります。そのため、ハードルが高く、少なくとも2年間の上場準備が必要なIPOよりも、相対取引のM&Aの選択をし、エグジットしている起業家が多くなっています。そして、会社売却後も連続起業家は、リタイアするのではなく、改めて心から湧き上がるミッションと明確な将来のビジョンをもって創業を繰り返しているのです。

アメリカでは、この連続起業家がベンチャー業界を活性化する存在として注目されています。なぜかというと「起業家は起業の専門家であって、必ずしも企業経営のプロではない。」という考えが浸透しつつあるからです。近年、日本でもこのような連続起業家は次々と誕生しており、日本のベンチャーエコシステムを創造する役割を担うようになっています。M&Aエグジットはこれからの起業家にとって、人生戦略の一つとなるでしょう。

著者紹介

早稲田M&Aパートナーズ株式会社 和家 智也

早稲田M&Aパートナーズ株式会社 代表取締役 CEO。大学卒業後、SBSホールディングスに入社。IT関連の新規事業開発に従事し、同社の急成長と株式上場までの過程を経験。2006年、IT・ネット専門のM&Aマッチング事業(サイトレード)を運営する株式会社ゼスタスを設立し代表取締役に就任。2014年、WEBサイトのM&Aアドバイザーをネットワークする一般社団法人日本サイトM&A協会を設立し代表理事に就任。2017年、ベンチャー企業専門のM&A仲介会社である早稲田M&Aパートナーズ株式会社を早稲田大学ビジネススクールの同期生と設立し代表取締役CEOに就任。同年、MBA研究論文が第11回M&Aフォーラム賞選考委員会特別賞受賞。M&A仲介成約総件数107件(2006年7月から2019年2月まで)。筑波大学第三学群基礎工学類卒業。早稲田大学大学院商学研究科ビジネス専攻修了(MBA)。