未来をつくる企業家 住宅・不動産編

コンサルティング

未来をつくる企業家 住宅・不動産編

未来をつくる企業家 住宅・不動産編

逆境に立ち向かい、勝ち続け、レベルアップしていく地方の企業家たち

日本の未来をつくるのは大都市にある大企業やベンチャー企業だけではありません。地方にも「未来をつくる企業家たち」がいます。現在地方というと過疎化で閑散としたシャッター街のようなイメージがあり、実際に、人口減少による過疎化や少子高齢化、財政難、後継ぎ問題、空き家問題など社会問題が山積みです。そのため、地方には未来がないのではないかと感じてしまう人もいらっしゃると思います。

しかし、地方にはそれらのマイナス要素を覆す、地方を未来に導く人たちがいます。地方の住宅・不動産業界で、事業を2ケタ成長させ、市場を活性化しながら地域経済、地域社会をも牽引する社長たちです。本書では、船井総研総合研究所が経営コンサルティングの現場で見つけた勢いのある、業界でも注目の「未来をつくる企業家」を10人ご紹介します。

著者紹介

株式会社船井総合研究所 株式会社 船井総合研究所 (著), 住宅・不動産支援部本部 (監修)

株式会社 船井総合研究所(ふないそうごうけんきゅうしょ)
お客様の業績を向上させ、社会的価値の高い「グレートカンパニー」を多く創造することをミッションとする。中堅・中小企業を対象に、日本最大級の専門家を擁し、業種・テーマ別に「月次支援」「経営研究会」を両輪で実施する独自の支援スタイルをとる。その現場に密着し、経営者に寄り添った実践的コンサルティング活動は様々な業種・業界経営者から高い評価を得ている。現在、中堅・中小企業6274社(2019年2月現在)と、日本最大級の顧問先・会員数を持ち、コンサルティングを展開している。

住宅・不動産支援部本部(じゅうたく・ふどうさんしえんぶ ほんぶ)
(株)船井総合研究所の住宅・不動産支援本部は、「住宅・不動産業界で、日本一のビジネスモデルメーカーになる」をビジョンに住宅・不動産業界の〝中小企業〟に特化して、コンサルティングを行っている。現在、日本全国で顧問先・会員企業1000社を超え、業界における日本最大級のコンサルディング集団であり、当社の主力事業でもある。従来のコンサルティングでは、既存の経営課題を解決する手法が一般的であるが、当本部の特徴として、成功事例の企業モデリングに基づき、業界平均3倍の業績を創るビジネスモデルの開発・構築する支援をしている。そして、再現性を高め、住宅・不動産の数々の中小企業に広め、業績に貢献し、本書でも紹介されているような〝地方の勇者〟である〝未来をつくる企業〟創りの一翼を担うことの支援をしている。そのコンサルティング実績は、住宅・不動産の中小企業から、高い評価を得ている。と、日本最大級の顧問先・会員数を持ち、コンサルティングを展開している。