課題別書籍活用方法

書籍をどのように活用するかは、
目的や課題によって異なります。
ここでは、様々な書籍の活用方法をご紹介します。

  • HOME
  • 課題別書籍活用方法

集客を強化する

書籍を一種の広告として活用し、新規見込み顧客を獲得する

企業・サービスの潜在的顧客属性を持つ読者ターゲットに合わせて書籍内容や展開する書店を選定することで、適切なターゲットに企業やサービスのことを知ってもらうきっかけを作ることができます。

書籍をコンテンツとして活用し、セミナー集客を強化する

書籍をオファーコンテンツとして広告を打ち出し、セミナーや展示会における費用対効果を上げることができます。また、集客用ランディングページ内に書籍情報を掲載することで、コンバージョンレート(CVR)を高めることが可能です。

効果的な資料として活用し、商談からの受注率を上げる

書籍を重厚な営業資料や名刺代わりとして活用することも可能です。経営者にとっては存在感のある名刺として、営業パーソンにとってはプレゼントとしての企業紹介資料として活用できます。

企業・サービスのブランドを向上させる

全国主要書店に展開して、企業やサービスの認知度を上げる

書籍を全国の主要な大型書店に配本・展開することで、多くの読者に書籍を手に取ってもらいやすくなります。その結果、著者である企業やサービス、経営者自身の認知度が向上します。

お客様に安心感と信頼感を与える

書籍を出版して著者となるということは、その業界や分野においての専門家・第一人者であることを意味します。また競合他社との圧倒的な差別化にもなるため、お客様へ安心感と信頼感を与えることが可能です。

プレゼントとして書籍を活用して、エンゲージメントを獲得する

既存顧客は勿論、セミナーやイベント来場者へのプレゼントとして書籍を贈ることで、今まで以上のエンゲージメントを獲得できます。

採用・育成を強化する

インナーツールとして活用して、企業理念・経営理念を浸透させる

社内報や社史という形で、企業向けのツール(書籍や小冊子、パンフレット)として利用することができます。企業理念・経営理を浸透させることも、新入社員の定着や社員交流の活性化を促すことも可能です。

研修資料や教科書として活用して、社員教育や研修を充実させる

書籍やその業界や分野の専門知識の集約でもあります。書籍そのものが新入社員研修や教科書としての役割を果たします。

採用ツールとして活用して、多くのターゲットに企業の魅力を伝える

経営者の想いや会社の魅力を書籍の中でしっかりと伝えて書店展開を行うことで、多くの採用ターゲットに情報を発信することができます。書籍を企業説明会等でプレゼントしても良いでしょう。