出版実績

出版実績

自己啓発の本
バカと前向きに付き合う

バカと前向きに付き合う

  • 著者:福永活也
  • 定価:1518円(1380円+税10%)
  • 発行日:2023年9月1日
  • ISBN:9784295408673
  • ページ数:272ページ
  • サイズ:188×130(mm)
  • 発行:クロスメディア・パブリッシング
  • 発売:インプレス

うんざりするような人に苦しめられてませんか?
他人にも自分の中にもある「バカ」との前向きな付き合い方を伝授します。

本書では、職場や家庭、SNS上で「バカ」に悩まされている全ての人に向けて、
「バカ」と前向きに付き合うための考え方と実践方法をお伝えします。
読んで、スカッとすること間違いなしの一冊です。

実は自分自身を含めて、誰の中にも「害悪バカ」と「価値あるバカ」が同居しています。
いかに害悪を抑えて、価値ある部分を伸ばしていくか、
いかに自分自身の「バカ」と前向きに付き合うかで、人生は豊かにも貧しくもなるのです。

著者紹介

福永活也

冒険家弁護士。名古屋工業大学を卒業後、24歳までフリーターとして過ごす。その後、関西大学法科大学院を経て、27歳の時に司法試験に出願者数7842人中56位の成績で一発合格。弁護士として働き始め、5年目にして独立。独立1年目から2年連続して弁護士業のみで年収5億円を突破し、「日本一稼ぐ弁護士」となる。その後、不動産投資、レストラン・モデル事務所・人狼ゲーム店舗の経営等、幅広く活動。冒険家として、エベレスト登頂を含め七大陸最高峰と南極点を制覇している。旅と食が好きで、170カ国を旅し、世界の三つ星139店のうち136店を訪問と、地球を遊び回っている。

目次

目次

MORE

はじめに

 

第1章 バカは2種類私たちの顔が老化する理由とは?

なぜ私達はバカに腹を立てるのか
2種類のバカ
価値あるバカは自分を引き上げてくれ、害悪バカはゴミでしかない
どちらのバカかを見分ける方法
どちらのバカと多く付き合うかは自分で変えられる

 

第2章  全ての人は害悪バカと価値あるバカの両面を持っている

人の体内には害悪バカと価値あるバカが同居している
他人の中にある害悪バカとの付き合い方
自分の中にある害悪バカとの付き合い方
他人の中にある価値あるバカとの付き合い方
自分の中にある価値あるバカとの付き合い方
COLUMN 誹謗中傷の違法性の判断について概説

 

第3章  害悪バカのトリセツ SNS頻出型・他者攻撃型

SNS頻出型・他者攻撃型総論
他人を誹謗中傷するバカ
いっちょ噛みをするバカ
是々非々で判断ができないバカ
他人の批判しか生き甲斐のないバカ
アンチ活動のために仲間集めをするバカ
物事の本質を理解できないまま問題があると
結論付けようとするバカ
認知が歪んでいるバカ
他人の欠点にばかり目がいくバカ
正義中毒のバカ
無責任に批判するバカ
善意なら何でも良いバカ
価値観やモラルを押し付けてくるバカ
他人を許容できないバカ
瑣末な間違いで揚げ足取りするバカ
すぐに勝ち負けを意識するバカ
相手が逃げ出したと言うバカ
人を見下すバカ
被害者を代表した気になって批判するバカ
謝罪にこだわるバカ
多数派に乗っかって批判するだけのバカ
自慢してくるバカ
他人に対して自己顕示欲や自己承認欲求の塊だと言うバカ
他人に自己肯定感が低いと言うバカ
他人にコンプレックスがあると言うバカ
虎の威を借る狐バカ
いつも怒っているバカ
人の気持ちを汲み取らないバカ
極論で批判するバカ
他人に完璧を求めるバカ
他人の過去を批判し続けるバカ
流行り言葉で勝ち誇るバカ
著名人を強者だと思い込むバカ

 

第4章  害悪バカのトリセツ 日常生活出没型・自己過剰防衛型

日常生活出没型・自己過剰防衛型総論
挑戦しないバカ
ノーリスクを求めるバカ
抽象的なリスクを警戒し過ぎるバカ
リスクの程度を理解できないバカ
数字を理解できないバカ
自粛好きのバカ
安症のバカ
自分に過保護なバカ
もったいぶるバカ
ストレス耐性が低いバカ
論理性のないバカ
お金がないと言うバカ
時間がないと言うバカ
翌日に備えてばかりのバカ
世の中がつまらないと言うバカ
好きなものが見つからないと言うバカ
人生を長期で考えるバカ
社会的な成功を集めたがるバカ
短期的な視野で考えるバカ
流行り言葉を用いて言い訳するバカ
こだわりが強いバカ
多数に合わせるだけのバカ
前例やルールに縛られるバカ
知ったかぶりをするバカ
陰謀論好きのバカ
例外をもって全体を語るバカ
炎上を恐れるバカ
害悪バカのトリセツ総括

 

第5章 価値あるバカとの付き合い方

価値あるバカとうまく付き合う
価値あるバカと付き合うことで自分が得られるものに目を向ける
誰にでも自分より優れたところがある
価値あるバカには積極的に近付く
価値あるバカがくれるチャンスを見逃さない
自分の仕事を言い訳にしない
受けた恩は必ず返す
価値あるバカを応援する
信頼してもらうための接し方
信頼してもらうためのコミュニケーション(会話)
信頼してもらうためのコミュニケーション(メール・LINE)
価値あるバカを遠ざけないコミュニケーション
自分の存在を過信しない
自虐をしない
積極的に自己開示する
LINEやSNSを本名で利用する
打算的であってはならない
相手にたからない
口が堅いこと
相手の好きなことに興味を持つ
相手のことを相手よりも知る
相手からの指摘に冷静に目を向ける
無理やりにでも相手を尊敬する
他人からの指摘を解きほぐしてもらう
相手の立場に立って、相手の言動を受け止める
相手の最悪な状態も受け入れる
相手の想像を超えることを楽しむ
相手が面倒くさがることを代わりにする
いつも一生懸命であること
敵ではなく味方に目を向ける
目の前のことに全力で夢中になる
圧倒的な正義感と仲間想い
誰よりも気配りができて驕らないジェントルマン
大胆さと繊細さを併せ持つ
1円を守る意識が1億円を守る
相手の人生や価値観を大切にし、常に相手を主人公と捉える共感力
名も無き相手にも偏見なく分け隔てなく関心を向ける
いかがわしい価値あるバカ達

 

第6章 バカだらけの世の中で

価値あるバカとして生きていく
自分の人生は自分が主人公である
人生における正解の選択肢を増やす
人生を「やる選択」で溢れ返らせる
「忙しい」「疲れた」「できない」と言わない
今日を必死に生きる
5%の小さな積み重ねを大切にする
一貫して自分自身の評論家となる
好きなことを極める
いかがわしさを大切にする

 

おわりに