出版実績

  • HOME
  • Books
  • ひとり広報の戦略書ーー認知と人気を全国レベルにする「知ってもらえる」すごい方法

ひとり広報の戦略書ーー認知と人気を全国レベルにする「知ってもらえる」すごい方法書影

「プレスリリースエバンジェリスト」による初の書籍!
今日の話題が明日には消える時代、広報活動は「ひとり」だから速くて強い。
上場企業からベンチャーまで支援するプロ「ひとり広報」が教える、
広報の教科書には載っていない、「ひとり」で結果を出すための戦略83

いま、「ひとり広報」が急激に増えています。
厳しいビジネス環境下で広告費が削減され、思うように集客できなくなったり、
消費そのものが抑制されたりしたことにより、自社のファンづくりの重要性を認識し、
「広告から広報へ」という考えにシフトしているケースが多いのです。
そのため、「最近、広報活動が大事と聞くし、うちもそろそろ」といった感じで広報部門ができ、
未経験の人が「ひとり広報」として任命されることが増えています。

しかしひとり広報は、次の「5つの不足」を抱えています。

経験が浅いため、なにをどのようにやるかわからない「知識」の不足。
どんな話題が世の中に求められているのかといった「情報」の不足。
会社の規模が小さく、新商品が頻繁に出ないなど、「話題」の不足。
やるべき業務が多すぎて十分に広報活動できない「時間」の不足。
気軽に連絡や提案をできるメディアとの「繋がり」の不足。

その不足を乗り越えるために必要なのが、「ひとり広報」の戦略です。
たとえば……

・まずは「情報の価値化」と「価値の伝達」だけに注力する
・「3:6:1」で業務時間を配分する
・時と場所に合わせて、「目と耳」の両方でインプットする
・情報を「4つのレベル」でとらえ、リリースネタになるか考える
・リリース作成は「時間をかけること・かけないこと」を明確にする
・コミュニケーションの目的を「動詞」で考える
・「共通の話題」をきっかけに、リアルで会うお誘いをしてみる
・広報力を生かして、「自分自身」を広報していく

などなど、本書では全部で83の戦略を紹介します。
「ひとり」だからこその悩みに寄り添った1冊です。
広報担当者だけでなく、自分の会社、仕事、活動を知ってもらいたいと願い、
たったひとりで広報活動をするすべての人のための本です。

著者紹介
小野茜
1981年、千葉県生まれ。カフェ・レストラン・ホテル等の現場経験、外⾷業界向けニュースメディアでの執筆・編集経験を経て、2012年に株式会社ABC Cooking Studioに入社。広報として企業広報および商品・サービス広報全般を担当した後に、新規事業開発・アライアンス担当へ。料理教室をプラットフォーム化し、「作る・食べる・触れる・知る」という体験の場として異業種とのアライアンスに積極的に取り組んだ。約5年在籍した後、2017年1月に独立。あらゆる企業の広報活動を社外から支援する広報パーソンに。2018年から3年間は宮崎県へ移住し地方創生の観点から広報活動に携わり、2021年より東京に戻り多種多様な企業の広報支援に携わる。
著者:小野茜
定価:1628円(本体価格1480円+税10%)
発行日:2022年11月18日
ISBN:9784295407669
ページ数:320ページ
サイズ:188×130(mm)
発行:クロスメディア・パブリッシング
発売:インプレス
立ち読みする
紙の本を買う

もくじ
第1章:「知識」よりも大切なこと ―「マインドの持ち方」
第2章:日常から広く「情報」を得る ―「インプット」の習慣
第3章:ゼロから「話題」をつくる ―「アウトプット」の視点
第4章:必要な「時間」を生み出す ―「タイムマネジメント」の極意
第5章:個人「繋がり」をつくる ―「コミュニケーション」の作法

誰にも負けない独自のノウハウ・技術をお持ちの経営者さまへ

新規顧客の獲得・販路拡大・知名度の向上のお手伝いをしています。詳細はこちら