マーケティングの基本

マーケティングプランとは?メリットや売上アップの具体的な手順を紹介

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

投稿日:2023年6月30日 | 最終更新日:2024年1月19日

目標達成や新規事業展開に向け、売上を伸ばすための鍵となる「マーケティングプラン作成」。しかし、具体的な手順に悩む人も多いと思います。

そこで、本記事ではマーケティングプランのメリットと具体的な作成手順を詳しく解説します。

市場分析や競合分析、マーケティング戦略まで、重要な要素を網羅していますので、ぜひ、マーケティングプランを作成し売り上げアップを実現しましょう!

マーケティングプランとは

マーケティングプランとは、自社の商品やサービスをどのように販売するかを計画し、そのロードマップを作成することです。

マーケティングプランは主に、

【 市場分析・自社分析 ⇒ 方向性・戦略 ⇒ 具体的な手段 】

で構成されます。

マーケティングプランを作成すると、目標や戦略のイメージがしやすくなり、プロジェクトメンバーや他社企業に共有しやすくなる特徴があります。

マーケティングプランのメリット

マーケティングプランを作成することには、主に以下の4つのメリットがあります。

方向性の確認

まず、マーケティングプランを作成すると、自社の商品やサービスがどんな市場に向けられているか、どんな競合がいるか、どんな強みや弱みがあるかなどを明確にできます。

これにより自社の方向性を確認することができ、効果的な戦略を立てることができます。

適切な評価が行える

次に、自社の商品やサービスの現状や目標を数値化できるメリットがあります。

数値化することによって、実際の売上や利益などの結果と比較し、マーケティング活動の効果を適切に評価することができます。

 行動の指針が明瞭になる

3つ目は、自社の商品やサービスに対する目標や期限、目標を達成するために必要な行動や責任者も明確になることです。そのため、目標に向かって具体的な行動がとりやすくなり、利益向上につなげることができます。

マーケティングプランの具体的な3つの手順

では、具体的にマーケティングプランを作成するためにはどうすればいいでしょうか?

ここでは、以下の3つの手順を紹介します。

①自社の商品やサービスの市場分析を行う

手順の1つ目として、まず、自社の商品やサービスの市場分析を行います。

市場分析とは、自社の商品やサービスが対象とする市場や顧客に関する情報を収集し分析することです。市場分析を行うことで、自社の商品やサービスの市場における位置づけや差別化ポイントを明らかにすることができます。市場分析では、以下の4点に注目します。

市場規模:市場全体や自社のシェアなど

市場規模を調べることで、自社の商品やサービスがどれだけの需要があるか、どれだけの売上が見込めるかを把握することができます。

市場規模は、市場全体の売上高や人口などで測ることができます。また、自社のシェアは、自社の売上高を市場全体の売上高で割ることで求めることができます。

市場動向:市場の成長率や変化など

市場動向を調べることで、自社の商品やサービスがどれだけの将来性があるか、どんな変化に対応する必要があるかを把握することができます。

市場動向は、市場の成長率やトレンド、法律や規制などで測ることができます。さらに、市場動向は、過去や現在だけでなく、未来も予測していくことが重要となってきます。

顧客ニーズ:顧客が求める価値や満足度など

顧客のニーズを調べることで、自社の商品やサービスがどんな価値を提供するか、どんな問題を抱えているかを把握することができます。

顧客ニーズは、アンケートやインタビューなどで直接聞くことや、SNSやレビューなどで間接的に探ることができます。また、顧客ニーズは、明確なものだけでなく、潜在的なものも探ることが重要です。

競合分析:競合企業の商品やサービスの特徴や強み、弱みなど

競合分析を行うことで、自社の商品やサービスがどんな競争環境にあるか、どんな優位性や劣位性があるかを把握することができます。

競合分析は、競合企業の商品やサービスの特徴や価格、販売方法などを比較することで行うことができ、その際、自社と同じような商品やサービスだけでなく、代替品や新規参入者も加味し、考慮していく必要があります。

②方向性を決定し、戦略を立てる

市場分析・自社分析ができたら、次にマーケティング戦略を行います。

マーケティング戦略とは、市場分析の結果に基づいて、自社の商品やサービスの目標や方向性を決めることです。マーケティング戦略を行うことで、自社の商品やサービスの顧客層や訴求ポイントを明確にすることができます。

マーケティング戦略では、以下の3点に注目します。

セグメンテーション:市場を顧客の特徴やニーズに応じて細分化すること

まずは、セグメンテーション、つまり、顧客を年齢や性別、所得やライフスタイル、抱える問題などでセグメントに分けます。そして、それぞれのニーズを調査し、自社の商品やサービスがどのような顧客に向けられるべきかを明確にしましょう。

ターゲティング:セグメントの中から自社の商品やサービスに最適な顧客層を選ぶこと

次にターゲティングです。セグメントごとに自社の商品やサービスの魅力や競争力を評価し、最も効果的なセグメントを選びます。

ターゲティングを行うことで、自社の商品やサービスがどのような顧客に集中的にアプローチするかを明確にすることができます。ターゲットを選ぶ際は、その顧客層の市場規模や成長性なども考慮することが重要です。

ポジショニング:ターゲットに対して自社の商品やサービスの価値やイメージをどう伝えるかを決めること

最後にポジショニングを行います。ポジショニングとはターゲットに対して、自社の商品やサービスの魅力をどう伝えるか決めることです。

ポジショニングを行うことで、自社の商品やサービスがどのような価値を提供するか、どのような印象を与えるかを明確にすることができます。企業との差別化を意識しながら自社商品のポジションを決定しましょう。

③実行するための具体的な手段を考える

市場分析・自社分析・マーケティング戦略の決定を行ったら、マーケティングミックスを行います。

マーケティングミックスとは、マーケティング戦略を実行するために必要な具体的な活動や手段を決めることです。マーケティングミックスを行うことで、自社の商品やサービスを効果的に販売するための具体的な計画を立てることができます。

マーケティングミックスでは、製品、価格、場所、販売促進、の4点に注目します。

製品(Product):商品やサービスの品質や機能、デザインなど

製品は、自社の商品やサービスの品質や機能、デザインなどを適切に決めることが重要です。ニーズや価値観に合致し、競合企業との差別化ができるものである必要があります。製品は、商品やサービスの名称やロゴ、パッケージなども含みます。

価格(Price):商品やサービスの販売価格や割引、支払い方法など

価格は、自社の商品やサービスの販売価格や割引、支払い方法など様々な面を考慮して決める必要があります。ターゲットの購買力や感度に合わせ、競合企業との比較や自社の利益率なども考慮することが重要です。また、価格は、商品やサービスの価値やイメージを反映するものでもあります。

場所(Place):商品やサービスの流通経路や販売チャネル、在庫管理など

場所は、自社の商品やサービスの流通経路や販売チャネル、在庫管理などを適切に決める必要があります。ターゲットにとって便利でアクセスしやすいかなどを考え、自社が直接販売するか、卸売業者や小売業者などに委託するかなどを決定しなくてはなりません。

促進(Promotion):商品やサービスの宣伝や広告、販売促進、PRなど

促進は、いかにして自社の商品やサービスの宣伝や広告、販売促進、PRなどを行うかです。

ターゲットに対して自社の商品やサービスの価値やイメージを伝え、購買意欲を高めることが必要です。そのために、多くの場合テレビやラジオ、新聞や雑誌、インターネットなどのメディアが活用されます。

まとめ

この記事では、マーケティングプラン作成のメリットと具体的な手順を紹介しました。

マーケティングプラン作成は

  1. 市場分析・自社分析
  2. 方向性・戦略
  3. 具体的な手段

の3ステップで行うことができます。マーケティングプランを作成し、自社の商品やサービスの売上をアップさせましょう。

ぜひ、参考にしてみてください。


この記事を読んだ方は他にこんな記事を読んでいます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメントを残す

*