お役立ち記事

お役立ち記事

  • カテゴリ
  • タグ

EEATとは?SEOで重要視される評価基準について解説!

昨今、SEO対策のためにコンテンツの質が非常に重要視されています。その中で「EEAT」という概念への理解は欠かすことができません。EEATを正しく理解し、その評価基準に沿ったコンテンツ発信が求められています。

本記事ではEEATについて詳しくお伝えし、SEOとの関係性やその対策について詳しくお伝えします。

EEATとは

EEATは、Googleの検索品質評価ガイドラインで定義されるWebサイトの評価基準のことであり、SEOで重視される評価基準の一つです。これは「Experience(経験)」「Expertise(専門性)」「Authoritativeness(権威性)」「Trustworthiness(信頼)」の頭文字をとり「EEAT」と呼ばれます。それぞれがWebサイトの価値を高めるポイントとなります。

以前までは「EAT」として「専門性・権威性・信頼」の3つが重視されていましたが、2022年12月15日に「経験」のEが追加され現在の形になりました。

E-経験(Experience)

「E-経験」は「コンテンツに実体験を反映しているか」が評価されます。つまり、コンテンツの作成者が記載するトピックに実体験を持つ経験が示されているかが重視されているのです。経験したことはそのコンテンツ作成者にしか出せない独自性のある情報であり、ユーザーに取っても価値のある有益な情報であるため、一般的なことしか書いてないコンテンツと比べて評価されます。

E-専門性(Expertise)

「E-専門性」は「コンテンツが特定のテーマやトピックにおいて専門的かどうか」という指標であり非常に重要視されています。さまざまなカテゴリやジャンルが混在しているコンテンツと、あるテーマに特化し深い専門的知識を得られるコンテンツとでは、後者の方がユーザーが価値を得られる情報であるとして専門性評価が高いのです。

具体的には、テーマの統一や、専門情報の網羅・新しい情報の掲載・問題解決ができる、などが重要になってきます。

専門性が高いコンテンツを作成するには、専門知識を持った人物が監修したり、専門家へのインタビューや対談を行うなど、信頼性や説得力のある情報を提供することが有効です。

A-権威性(Authoritativeness)

「A-権威性」も必要不可欠な要素であり、「コンテンツの発信者が特定の分野において優れているか」という指標です。

コンテンツ制作者やサイト運営者がトピックの有力な信頼できる情報源としての認知されているのか、他メディアやSNSでの引用や紹介、被リンクの質や量、運営実績、運営期間、監修者や作者の専門性など、第三者からの評価が高いかどうかが基準となります。

前述した専門性を突き詰めていくことで、サイトやコンテンツの評価が徐々に上がり、外部からの被リンクされたり、SNSで紹介されたりと権威性を高めていくことにつながるでしょう。

 T-信頼(Trustworthiness)

最後は「T-信頼性」です。これは「そのコンテンツ内容やコンテンツ制作者が信頼できるかどうか」という指標になります。ここでは引用や参考文献など情報ソースの有無や、コンテンツにオリジナル性があるか、SSL対応などのセキュリティ対策がされているか、投稿者・運営者の情報が明記されているか、情報がアップデートされているか、などが評価基準となります。

同程度の品質のコンテンツであたとしても、投稿者の匿名性が高かったり、サイトの安全性が確保されていなかったら、高い評価は得ることができません。

これらがEEATという評価基準の構成要素となります。これらをそれぞれ充実させることにより、Webサイトの価値が向上し、Googleから高い評価を得ることができます。

EATからEEATへ更新された背景

前述しましたが、2022年12月15日に、このEATが「EEAT」にアップデートされました。新たに加わったのは経験(Experience)の「E」です。では、なぜこのような変更が行われたのでしょうか。

以前に比べ、現在のSEO対策の風景も変わってきました。キーワードだけでなくコンテンツ全体の質が求められ、Googleのアルゴリズム更新へと繋がっています。そして、ウェブサイトの品質評価ガイドラインの一環として「YMYL(Your Money or Your Life)ページ」や「専門家によるコンテンツ制作」が重視されてきたのです。

webサイトの評価基準が、単なる情報提供からユーザーニーズに即した情報提供、さらには実際の使用経験やケーススタディの活用へとシフトしている事を物語っています。

このような流れを受けて、「EAT」は経験が加わり「EEAT」へと進化したとされています。

EEATとYMYLの関係性と違い

EEATを理解する上で「YMYL」の関係性と違いについても知っておく必要があります。

まず、YMYLとは「Your Money or Your Life」の頭文字をとった略語であり直訳は「あなたのお金やあなたの生活」となりますが、意味は「人の将来的な幸福、健康、財産、安全な生活にまつわる情報やそれらに影響を与える可能性があるコンテンツ」を指します。このようなコンテンツは人々の人生に大きな影響を与える可能性が高いため、より高い品質が求められ、厳格に扱われるのです。

EEATとYMYLは、どちらもウェブコンテンツの信頼性や効果を評価するための指標となりますが、それぞれ異なる視点からアプローチしています。

まず、EEATは情報提供者の観点から見た指標です。情報を提供する者が、自身の経験や専門性、権威性、信頼性を示すためのものであり、その評価は提供者の資格や経験、過去の実績や評価などからなされます。また、コンテンツの品質管理も重視され、情報の正確さや最新性、そして説明が分かりやすいかどうかも評価の要素となります。それに対して、ユーザーの視点からの使いやすさも考慮され、サイトデザインや関連コンテンツへのリンクの有無なども評価されます。

一方、YMYLはコンテンツ自体の観点から見た指標で、主に健康や金融など、ユーザーの生活に直結するような情報の信頼性や正確性を重視します。医療情報については、疾患の解説や予防法、治療法の提供が求められ、金融情報においては、投資方法や金融商品の説明が必要とされます。これらの情報は専門知識を要するため、その正確性や信頼性が非常に重視されます。

EEATとYMYLは、異なる指標ですが両者は相互に関連しています。例えば、YMYLの高い情報、つまり、ユーザーに大きな影響を与える可能性のある情報を提供する場合、提供者のEEATが高いことが求められます。これは、重要な情報を提供する際には、その情報が信頼性や権威性を持つ者から提供される必要であるからです。

SEOにおけるEEATの重要性

SEOとは

SEOとは、「Search Engine Optimization」の頭文字をとった略語であり、検索エンジン最適化のことを指します。webサイトやwebページを検索エンジンが理解しやすい形にすることを目的とした活動です。この最適化作業により、webサイトは検索結果の上位に表示されやすくなり、より多くのユーザーの目に触れる機会を増やすことが期待できます。

また、検索エンジン最適化はただ検索結果で上位に表示されるだけではなく、ユーザーが訪れたときに良好な体験を提供することも重要です。そのため、サイトの表現速度の最適化や、スマートフォンなど様々なデバイスからアクセスしやすい、モバイルフレンドリーなデザインの作成も求められます。

これらの要素は、検索エンジンのアルゴリズムに良好な印象を与え、サイトのランキング向上に寄与するのです。

SEOについてさらに詳しい記事はこちら↓
SEOとは?対策の基本をわかりやすく解説!

EEATがSEOに与える影響

EEATはあくまでGoogleの評価基準であり、検索順位決定のアルゴリズムではありません。しかし、EEATが高いほど良質なサイトであると判断され、検索上位に表示されやすくなることは事実です。これは、Googleがユーザーに最も適した情報を提供しようとするとき、EEATを高く評価したページが選ばれるためです。結果としてEEATを高めることはSEO対策にも大きな影響を与えます。特に、Googleアルゴリズムの更新とともに、EEATの重要性が増しています。これは、コアアップデートにおいてEEATの位置付けがより重視されているからです。

このように、EEATはSEOにおける重要な要素であり、あなたのウェブサイトがより多くの人々に見つけてもらうためには、EEATを理解し適切な対策を講じることが必要不可欠と言えるでしょう。

 Googleが掲げる10の事実とSEOの関係性

Googleが掲げる10の事実とは?

EEATを高めたりSEO対策を行うなどwebマーケティングを行うにあたって、「Googleの掲げる10の事実」を理解することが必要です。

「Googleの掲げる10の事実」とはGoogleがビジネスを展開する上で心がけているものです。これはGoogle設立時に明らかにされ、現在もなおその哲学は私たちの求める理想として示されています。

SEOを考慮するとき、よく目にするのがページランクや検索エンジンロジックなどのテクニカルな項目ですが、真に効果的なSEOは、検索エンジンロジックを理解することよりも、Googleの理念を把握することによって実現します。

その中でも最も重要とされるのが“ユーザーファースト”です。Googleの思想に従えば、SEO対策のカギを握るのは「Googleのアルゴリズムを解析する」ことではなく、ユーザーを第一に考え、何を求めているのかを理解することなのです。

以下Googleが掲げる10の事実を紹介します。

1.ユーザーに焦点を絞れば、他のものはみな後からついてくる。
2.一つのことをとことん極めてうまくやるのが一番。
3.遅いより速いほうがいい。
4.ウェブ上の民主主義は機能します。
5.情報を探したくなるのはパソコンの前にいるときだけではない。
6.悪事を働かなくてもお金は稼げる。
7.世の中にはまだまだ情報があふれている。
8.情報のニーズはすべての国境を越える。
9.スーツがなくても真剣に仕事はできる。
10.「すばらしい」では足りない。

https://about.google/philosophy/?hl=ja

Googleの目標は、「世界中の情報を整理し、全人類がアクセスできて使えるようにする」ことです。この目標のために、Googleは「検索機能」に焦点を当てているのです。これらの事実は、Googleが目指す道筋を示してくれます。そしてその中には、私たちがSEOに取り組む際の重要なヒントがたくさん詰まっているのです。

EEATを高めるためには

高品質なコンテンツの作成方法

EEATを高めるためには、何よりもまず、高品質なコンテンツの作成が必要です。これはEEATの要素すべてに影響を与える要素です。まず大切なのは、内容設計です。これは、情報を整理し、理解しやすく伝えるための構造を作り出す工程です。特に、目的に合った形式選択と最初に伝えるべきポイント決定は、読者が興味を持ち、記事を最後まで読んでくれるための重要な要素です。

次に、文章表現です。明確な視点と主張を持つことで、その文章には専門性が備わり読者に信頼感を与えます。また、簡潔でわかりやすい表現を心がけることで、情報がスムーズに読者に伝わり、理解されます。

最後に、校正・改善です。自分以外の人によるチェックにより、理解しづらい部分や誤解を招くような表現を見逃さずに修正できます。反応・フィードバックを活用した改善により、読者のニーズに対応しつつ、信頼度を高めることができます。

具体的なEEAT対策施策

E-経験(Experience)

まずはEEAT最初のE(Experience)経験を高める方法です。

ここで大切なのはコンテンツ作者自身が実際に体験すること、または経験者へのヒアリングを参考にすることです。

例えば、ある観光地を紹介する記事を書く場合、公式サイトなどweb上にある情報だけでは誰が書いても同じような内容なってしまいます。しかし、実際に訪れ情報収集したり、訪れた経験がある人へ話を聞けば、詳細な情報をコンテンツに反映することができます。

実際に体験した情報は独自性が高く、ユーザーにとって有益な情報であると評価されやすくなります。

このようなことから、コンテンツ発信者が体験したことがあるトピックを選んで発信していくといったコンテンツの取捨選択も大切になっていくでしょう。

E-専門性(Expertise)

EEATの中の専門性を高めるためには、まず、自社の専門性を生かすことができるテーマ・トピック選びが大切です。Googleの10の事実からわかるように「1つのことをとことん極めてうまくやるのが一番」であるため、1つのサイト内で統一性がなく幅広いカテゴリが混在すると専門性をぼやかすことになってしまいます。そのため、できるだけジャンルに統一性を持たせ、明確に絞ってコンテンツを作成していくことが大切です。

また、自社内での専門知識が足りない場合は各専門家に取材をしたり、記事の監修をしてもらうことで、コンテンツに専門性を反映することができます。

そして、関連のコンテンツに内部リンクをし、ページ同士の関連性を繋ぐことも記事の専門性を向上させる一助となります。

A-権威性(Authoritativeness)

EEATの「A-権威性(Authoritativeness)」の向上は信頼される情報を提供することにより、ユーザーやGoogleの評価を高めるための重要なステップとなります。

まず重要なのは、コンテンツ制作者やサイト運営者を明確に記載することです。情報提供者がいる場合、監修者の情報も明らかにすることが大切です。これにより、情報提供者の信頼性と専門性が一目で伝わり、ユーザーとの信頼関係を強化します。

次に、大手メディアやSNSなど外部サービスからの引用、信頼できるニュースソースからの情報提供など、質の高いリファレンスの提示をされることで権威性は高まります。これにより、情報の信頼性と正確性が保証され、ユーザーはより安心して情報を受け取ることができるのです。

以上のステップを踏むことで、「A-権威性(Authoritativeness)」を向上させ、EEATの評価を高めることが可能となります。これにより、ウェブサイトの評価が向上し、SEO対策も強化されます。

T-信頼(Trustworthiness)

「T-信頼(Trustworthiness)」を高めるためには、高品質なコンテンツ作成が不可欠です。その際、情報の信頼性・説得力を強力にバックアップする手段として、専門家監修やコメントを活用することが有効です。医療記事には医師の声、法律情報には弁護士の意見を取り入れることで、専門性が高い内容を提供することが可能となります。

また、「情報源の明示」も重要なエレメントとなります。統計データを使用する際や引用文献がある場合は、その出典を明確に表示し、読者が信頼できる情報を提供していることを明示することが大切です。

さらに、ユーザーレビューや評価の導入も効果的です。商品レビュー機能や星評価システムを設け、具体的な意見や評価を共有できる場を設けることで、より共感を得やすいコンテンツを生み出すことができます。

また、コンテンツは定期的な更新が必要です。新しい情報への対応や過去記事の見直し・修正により、いつでも最新かつ正確な情報を提供することを心掛けることが必要になってきます。誤った情報の訂正やリンク切れの修正なども怠らないようにしましょう。

そして、このように作成したページをユーザーが安心して閲覧できるように、SSL化してセキュリティの向上に務めることも重要です。

ストーリー活用とEEAT向上

ストーリーの重要性とSEO

ストーリーを活用したマーケティングは、企業のブランドイメージと親和性を高める有効な手段です。魅力的なストーリーは、顧客の記憶に残るだけでなく興味を引き、深い理解と共感を生むことができます。さらに、重要なのはこれらのストーリーがSEO対策と連動することです。ユーザーファーストが理念であるGoogleにおいて、ストーリー性があるコンテンツはユーザーから共感や信頼が得られやすいので、非常に相性がいいのです。ストーリーを用いてコンテンツを作成するときは、恣意的にキーワードを詰め込むのではなく、ストーリーの中に自然とキーワードを織り込むことが大切です。その上で、内部リンクを戦略的にを実装し、適切なメタデータを設定することで検索エンジンが内容を正確に理解しやすくなります。

EEATの観点から見たストーリー活用

さらに、ストーリーの活用はウェブサイトのEEAT向上にも欠かせない要素です。サイトの信頼性を上げるためには、直感的にわかりやすいストーリーを用いて、評価や実績を訴求することが効果的です。企業のサイトであればこれまでの歴史や企業が目指すビジョンや理念、商品の開発目的などをストーリー仕立てで展開することで多くの共感や信頼が得られます。

ユーザーエクスペリエンス(UX)の向上にもストーリーテリングは有効で、ページデザインや構造をストーリーに合わせて最適化することで、コンテンツがより読み易く、理解しやすくなります。さらに、企業の掲げるブランドストーリーや、満足度高いカスタマーストーリーも、ユーザーとの信頼関係を築く上で有効な手段となります。

これらの取り組みは、EEAT評価を上げるだけでなく、ユーザーフィードバックの向上にもつながります。満足したユーザーからの良好なフィードバックは、さらなる信頼性向上となり、より品質の高いサイトを提供することが可能となります。

効果的なストーリー作成のポイント

ストーリー作成において効果的とされるポイントは、主に感情的な要素とメッセージの明確さです。

まず、感情的な要素に関しては人の興味・関心を追求することが重要です。人々が自身の経験や感情に共感できる内容、他人の成功や困難に立ち向かう話などの心を動かされる話は、読者の心に深く響きます。脳には、記憶を司る海馬のすぐ隣に、感情を司る扁桃体という部分があり、ストーリーによって感情が動くと物事は人の頭に記憶されやすくなるのです。

次に、明確なメッセージについてです。物語は中核となる価値観を反映したものであるといいでしょう。ブランドの精神や使命、その存在理由を明確に表現し、読者に伝えます。また、直接的で簡潔な表現は、情報の伝わりやすさを高め、読者の理解度を向上させます。

このように、感情を引き出し、メッセージを明確に伝えるストーリー作成は、EEATの強化に貢献します。具感的な体験や専門的な知識、信頼できる権威、そして透明性といった要素は、物語の力を通じて読者に伝わるのです。

まとめ

Googleによるウェブサイトの評価基準、EEATは経験、専門性、権威性、信頼性の4つの要素が主に重視されています。

それぞれの要素について把握し、その上で適切な施策を実施することで、EEATの向上を目指すことができます。EEATの評価は数字で測定できるものではありません。そのため、何か施策を実施したからといってすぐに結果は出ないでしょう。

Googleの評価基準の根本の考え方は「ユーザーファースト」です。また、本記事で紹介したGoogleの考え方を理解し、それに沿った運用を中長期的に丁寧に行っていくことが、結果としてユーザーやGoogleの信頼を勝ち取ることにつながるでしょう。