お役立ち記事

お役立ち記事

  • カテゴリ
  • タグ

SEOとは?対策の基本をわかりやすく解説!

SEOとは「検索エンジン最適化」を意味する、Search Engine Optimizationの略称であり、デジタルマーケティングに取り組む方にとっては聞いたことがある人も多いでしょう。

しかし、具体的にSEO対策をするには何をすればいいのか詳しく把握している人は少ないのでは無いでしょうか。

本記事ではSEOの基礎的な知識やそのメリット・デメリット、そしてSEO対策の種類について詳しくお伝えします。

SEOとは

SEOとは「Search Engine Optimization(検索エンジン最適化)」の略でありネット上で検索したユーザーが求める価値のあるコンテンツを提供できるよう、最適化するとともに、Googleなどの検索エンジンからwebサイトの内容を正確に評価されるようコンテンツの構成や質を高めてサイトを最適化し訪れる人を増やす取り組みを指します。サイトへの流入数やCV数を向上させるために多くの企業が取り組んでいます。

SEO対策とは何か?

SEO対策とは、要するに「検索エンジン最適化対策」であり、前述したSEOを実現するために行う対策です。webサイトをインターネット上で検索した結果、より上位に表示されるように、様々な技術や戦略を用いる行為です。

SEO対策は、検索エンジンのアルゴリズムが評価する要素を理解することが大切です。それに基づいてwebサイトの設計や内容を最適化することで、高評価を得られるようにするのです。

これには、キーワードリサーチやコンテンツ作成、技術的な調整などが含まれます。
キーワードリサーチでは、ユーザーが検索エンジンで入力するキーワードを予測し、それに適したコンテンツを作成します。また、技術的な調整では、webサイトのスピード改善やHTMLの最適化、モバイルファーストの対応などを行います。

適切にSEO対策を行うと、サイトの訪問者数が増えたりブランド認知度が上がったりするなど、様々なメリットがあります。しかし、一方で、SEO対策には適切な手法と不適切な手法が存在し、不適切な手法を用いると逆ブランディングになってしまうと同時に、検索エンジンから罰則を受ける可能性もあります。そのため、SEO対策を行う際には、適切な知識と技術が必要となります。

SEOの目的と重要性

まず、SEOの一つの目的は、自社サービスやコンテンツ、Webサイトを適切な状態で検索結果に表示させることです。戦略的に検索エンジンの高い順位にコンテンツを表示させることで、webサイトの集客力が向上します。検索エンジンからの自然な流入が増えると、それが新規顧客となり、また既存顧客の再訪問にもつながるのです。

次に、SEOを行うことでブランドの認知度も向上します。検索結果の上位に表示されるwebサイトは、信頼性や権威性が高いとユーザーに感じてもらうことができます。結果として、ユーザーの意識の中で、ブランドの価値がより高まるのです。

さらに、SEOは被リンク(バックリンク)の獲得やユーザー体験の改善、そしてコンテンツの質向上にも寄与します。被リンク(バックリンク)とは他のwebサイトからのリンクのことですが、これが多いほど検索エンジンはそのwebサイトを評価します。一方、ユーザー体験とはwebサイトの使いやすさのことで、これが良いと長い時間サイトを訪れ、深く掘り下げて情報を見てくれます。さらに、コンテンツの質が高いと、それがユーザーの心をつかみ、再訪問や口コミ、他ユーザーへの拡散につながるのです。

SEO変遷の背景

SEOが注目されるようになった背景には、検索エンジンの進化が大きく関わっています。以前、検索エンジンはキーワードの存在や頻度だけを評価しましたが、現在ではページの内容そのものだけでなく、ユーザーの検索傾向や行動、さらにはバックリンク(あるWebページに向けて、他のWebサイトから設置されたリンクのこと)などの情報も評価の対象としています。このように、検索するユーザーが求める情報を的確に表示するためにより質の高い情報を提供するために検索エンジンのアルゴリズムは進化し続けており、その結果としてSEOの手法も変化し続けているのです。

さらに、SEOの重要性を高めているのが、インターネット上の競争の激化です。全世界から誰でも自由に情報を発信できる環境では、自分のウェブサイトが見つけてもらうためには、SEOを活用して検索エンジンから評価されることが不可欠です。

これらの要素が複雑に絡み合いながら、SEOは今日のwebマーケティング戦略において欠かせない存在となっています。

SEO対策のメリット

サイトへのアクセス増加

SEO対策を行うことで、webサイトへ継続的にアクセスを集めることができます。これは、検索エンジンからの自然な訪問者、いわゆるオーガニックトラフィックの増加を指します。検索結果の上位に表示されると、より多くのユーザーがウwebサイトをクリックし、それに伴い訪問者数やページビュー数が増えるのです。その結果、多額のお金をかけて広告をせずともWebサイトに人を集めることができるのです。

質のいいコンテンツが増える

SEO対策を行う上で、コンテンツの拡充は必要不可欠です。自社が獲得したいユーザーは一体どんなことを検索し、何に興味を持ってサイトを訪れるのか検索クエリ(ユーザーが検索エンジンを使って検索窓に入力した語句のこと)しっかりとリサーチし、ユーザーが求める質の高いコンテンツを作成していきます。また、他社サイトへとの差別化を図るためには自社独自のコンテンツを含むと良いとされています。

こういったコンテンツが増えていけば、中長期的にみて企業の「資産」となります。

webサイト・企業のブランディングになる

SEO対策を行い、自社のWebサイトやコンテンツが上位表示されるようになると、ブランディングの効果も期待できます。上位表示されることが多いほどユーザーからの信頼度や認知度は向上します。自社サイトがユーザーに「このサイトはいつも求めている情報を出してくれる」という印象を持ってもらえれば、さらにブランドが確立されていきます。

SEO対策の効果は長期的にみることが大切です。一度webサイトを検索エンジンに最適化した場合、その効果は一定期間持続します。そして、その期間中に得た新規顧客や増加したトラフィックは、ビジネスの成長に大きく貢献します。ただし、検索エンジンのアルゴリズムは定期的に更新されるため、SEO対策は持続的に行う必要があります。

SEO対策のデメリット

SEO対策のデメリットは、特に三つ、「コストと時間」「競争率の高さ」「検索エンジンの変動性」が挙げられます。

コストと時間

まず一つ目の「コストと時間」についてですが、この点はSEO対策を始める上で最も大きな壁となる要因と言えます。SEO対策を行うには専門的な知識や技術が絶対的に必要となります。そのため、自社で完全に行うとなるとそれなりの時間と人材、そしてその教育にかかるコストを必要とします。また、SEO対策は一度行ったからと言ってすぐに結果が出るものではありません。むしろ長期間にわたって継続的に取り組んでいく必要があり、短期間での成果は望めません。

 競争率の高さ

次に「競争率の高さ」についてですが、これもSEO対策の大きなデメリットと言えます。SEO対策はあらゆる業界・業種で行われているため、常に他社との競争を強いられます。そして、検索結果の上位表示は限られているため、競争は必然的に厳しさを増していきます。キーワード選定も競争率の高さを痛感するポイントで、人気のキーワードを選定すると競争率が上がりますが、それだけに上位表示された場合のアクセスも多くなるため、上位表示させる難しさと効果のバランスを見つけることが重要になります。

検索エンジンの変動性

最後に「検索エンジンの変動性」についてですが、これは検索エンジンのアルゴリズムの変更や新規webサイトの登場といった理由により、SEO対策が常に揺らぎやすいということです。Googleなどの検索エンジンは度々アルゴリズムを変更し、SEO対策はそれを追従する形となるため、変動性は極めて高いものとなります。

SEO対策の種類

SEO対策の種類として挙げられるのは4種類です。

内部対策(オンページSEO)

内部対策はオンページSEOともよばれ、自分のwebサイト内部で行うSEO対策のことです。具体的には、キーワードの選定と配置の最適化、メタタグの最適化、サイト内リンクの最適化、などが主な作業になり、サイトの構造やコンテンツを整えて、Googleなどの検索エンジンが理解しやすい形にすることが求められます。

まず、キーワードの選定と配置が重要です。ユーザーが自分のwebサイトを見つけやすくするためには、そのwebサイトが何に関するものかを明確に示すキーワードが必要です。これには、ユーザーの検索意図に合ったキーワードを選定し、それを自然に文章に組み込むという作業が含まれます。また、同じ意味をもつ他の語や関連する語句も用いるとより効果的です。

また、「メタタグ」の最適化が必要です。メタタグとは、webページの情報を詳細に説明するためのコードのことで、検索エンジンはこのメタタグを参考にページの内容を理解します。メタタグの中でも特に重要なのが、「メタディスクリプション」と「タイトルタグ」です。メタディスクリプションは、webページの要約となる部分で、誘導的な表現を用いてユーザーにクリックを促したり、ページの主要な情報を明記することが求められます。タイトルタグには、画面の上部に表示されるページのタイトルが入ります。この部分に重要なキーワードを配置し、全体の内容をより端的に伝えるように心掛けましょう。

このようにWebサイト内部から対策して行くことでランキング上位に表示されるように取り組んでいきます。

外部対策(オフページSEO)

外部対策はオフページSEOともよばれ、webサイトの外部要因に焦点を当てた検索エンジン最適化の一部です。自分のwebサイトの外部で行われる活動を通じて、あなたのサイトの評判を高め、信頼性を確立します。具体的にはサイトへの被リンク(バックリンク)を増やし、その結果として検索エンジンのランキングを向上させることです。

被リンク(バックリンク)は他のウェブサイトからあなたのサイトへのリンクを取得することで、これがあなたのサイトに権威と信頼性を与えます。これは高品質なコンテンツを提供すること、関連のあるwebサイトからのリンクを取得すること、またはソーシャルメディアでコンテンツを共有することにより達成されます。このような取り組みで被リンク(バックリンク)を生成し、あなたのウェブサイトのSEOランキングを向上させる効果があります。

ソーシャルシグナルもまたオフページSEOの重要な要素で、これはソーシャルメディア上でのあなたのwebサイトの人気を示します。具体的には、SNSなどであなたのコンテンツがどれだけ共有され、どの程度のユーザーがそれに反応しているかを示します。これらの信号は検索エンジンがあなたのウェブサイトの価値を評価する手助けとなり、最終的には検索ランキングに影響を与えます。そのため、SNSの活用やシェア数の増加を重視した戦略が求められます。

テクニカルSEO

テクニカルSEOとは、Webサイトのテクニカルな側面を最適化することで、検索エンジンがサイトの情報を理解しやすくするものです。これは、ユーザの体験を向上させ、結果的にサイトのランキングを向上させることに寄与します。

Webサイトの表示速度は、ユーザの体験に大きな影響を与えます。表示速度が遅いと、ユーザーはすぐにページを離れてしまい、離脱率が上がってしまいます。それは検索エンジンがサイトを低く評価する原因になります。そのため、サイト速度の最適化はSEO対策の重要な一部です。画像の最適化やキャッシュの活用など、さまざまな手段があります。これらによってサイトの速度を向上させると、ユーザーの満足度が上がり、それが検索エンジンからの評価向上につながります。

また、モバイル最適化もテクニカルSEOの重要な要素です。現在、多くのユーザーはスマートフォンを使ってWebサイトを閲覧することが増えています。そのため、Webサイトはスマートフォンの画面に適したデザインであることが必要です。

このようなテクニカルな面の対策も施策として必要になってきます。

コンテンツSEO

まず、コンテンツSEOには2つの要素があります。1つ目は「キーワードリサーチ」、2つ目は「高品質なコンテンツ制作」です。この2つが上手く組み合わさることで、検索エンジンに評価され、多くのユーザーに読まれるコンテンツが生まれます。

まず、「キーワードリサーチ」では、自分たちのコンテンツがどのようなキーワードで検索される可能性があるかを調査し、それに対応したキーワードを選定します。このとき、Googleキーワードプランナーの活用が有効です。また、競合他社のコンテンツ分析を行い、他社がどのようなキーワードに注力しているか、また、どれだけの参照があるかチェックすることも大切です。

そして2つ目の、「高品質なコンテンツ制作」ですが、ここでは読者が求める情報提供を心掛け、有益性・信頼性の高い記事を作成します。特に、読者にとって価値のある情報を提供することが、SEO対策にとって重要です。

検索エンジンはユーザーにとって価値のある情報を提供することを目指しアルゴリズムは進化し続けているため、自分のwebサイトにもそれに見合った高品質なコンテンツを提供することが重要です。これには、自分自身の専門知識を活かして深いテーマに取り組み、その結果をオリジナリティのある内容の記事や画像や表・グラフなどのビジュアルなどで表現することが含まれます。また、ユーザーが読みやすく理解しやすいレイアウトやデザインを心掛け、一つひとつの段落を短く保ち、情報を整理するために箇条書きを用いることも効果的です。

コンテンツSEOは一度設定したからといって終わりではありません。定期的にコンテンツを見直し、必要なアップデートを行うことが、SEO対策成功のカギとなります。

SEOの成功に欠かせない考え

Google評価基準である「E-E-A-T」を理解する

SEOの成功は、Webサイトの価値を如何に向上させるかに密接に関わっています。その中でも重要な概念が、「E-E-A-T」です。これはExperience(経験)、Expertise(専門性)、Authoritativeness(権威性)、Trustworthiness(信頼性)の頭文字をとったもので、Googleの評価基準として注目されています。

Googleがユーザーに最適な情報を提供する際に、E-E-A-Tを高く評価する傾向があるため、Googleのアルゴリズムが更新されるごとに、そのE-E-A-Tの重要性が増しており、検索結果ページ上位表示に有利に働いています。ですので、Webサイトがより多くの人に見つけられるためには、E-E-A-Tの理解とその対策が不可欠といえるでしょう。

E-E-A-Tを向上させるキーとなるのは、何といっても「高品質なコンテンツの作成」です。内容設計から始まり、分かりやすい表現を用いた文章作成、そして校正・改善の一連の流れは、専門性・信頼性・信頼度を示すコンテンツを作り出すための必須手順といえます。これらのプロセスを踏むことで、WebサイトはGoogleの評価を上げ、SEO対策にも寄与することでしょう。

EEATについてさらに詳しい記事はこちら↓
EEATとは?SEOで重要視される評価基準について解説!

Googleが掲げる10の事実を理解する

SEOを考えるにあたってもう一つ大切なのが「Googleが掲げる10の事実」です。これらの事実はGoogleがビジネスを展開する際に心がけることであり、SEOの理想の形についてのヒントが詰まっています。

その中でも「ユーザーファースト」は最も重要な事実とされています。要するに、検索エンジンのアルゴリズムを解析することよりも、ユーザーが何を求めているのか理解することが優先されるべき、ということです。

10の事実が示す真実は、ユーザーの視点でSEOに取り組むこと、一つのことに深く取り組むこと、スピーディーに情報を届けること、さまざまなデバイスでの情報収集を考慮すること、そして常に最善を尽くすことなどが含まれており、これらを理解し、実践することが、真に効果的なSEOを実現する鍵となります。

参考:https://about.google/philosophy/?hl=ja

ストーリーを活用したSEO対策

ストーリー重要性

SEO対策の中でも、特にストーリーの有効性が広く知られています。なぜなら、ストーリーは単なる情報配信だけでなく、読者の感情に訴え、共感を生み出す力を持っているからです。具体的には、企業の創業エピソードを組み込んだり、ストーリーを通じて企業の価値観やメッセージを伝えたりします。顔の見えないネット上でも、これらの要素があれば、読者は自分自身をその物語の一部と感じ、エンゲージメントが向上します。こうしたストーリーを用いたブランディング手法を「ストーリーブランディング」とも呼ばれています。

ストーリーを用いることで、クリック率や滞在時間の増加にも寄与します。さらに、ストーリーを用いたコンテンツ作成の採用は内部リンクの設定やコンテンツ全体の構造化、そして共感・感動でSNSシェアを促進するなど、SEO対策全般にも効果を発揮します。

ストーリーを用いたコンテンツ制作はSEO対策において重要な要素の一つであり、それを活かせばより効果的なコンテンツマーケティングが展開できます。

ストーリーブランディングについて詳しいk時はこちら↓
ストーリーブランディングとは?ストーリーブランド戦略の事例を解説

ストーリーを取り入れたコンテンツ作成のヒント

前述しましたが、SEO対策における強力な武器の一つに、ストーリーが挙げられます。まず、ターゲットとなる読者の属性を明確に理解することが重要です。年齢層、性別、趣味、興味、職種、業界など、ユーザー情報を把握し、その情報を基にペルソナを設定します。

次に、ペルソナが商品を購入するまでのカスタマージャーニーマップを描くことをお勧めします。それにより、読者が持っている可能性のある課題を特定し、その解決策を提供するストーリーを作成することが可能になります。

また、ストーリー作成には、SEOに配慮したキーワード選びが欠かせません。読者の検索意図を考え、それに応じたキーワードを選定することで、検索結果に自社のwebサイトを表示させやすくなります。特に、特定のニッチな分野や質問に対する答えを提供する3つ以上の言葉からなる複合キーワードである長尾キーワードの活用は有効です。

そして、キーワード選びと同じくらい重要なのが、品質の高いコンテンツ作成です。明確なメッセージと情報の価値、そして、適切な文章の構造化(H1, H2, パラグラフの使用など)により、より優れたコンテンツを作り上げることができるでしょう。

SEO対策の課題

最新のアルゴリズムの追従

SEO対策の課題として、特に頭痛の種になるのが“最新のアルゴリズムの追従”です。デメリットにも記載しましたが、検索エンジンのアルゴリズムは変化していきます。モバイルファーストインデックス(スマートフォンサイトを評価の主軸にしてインデックスするという方針転換)や、E-E-A-Tなどの要素、そして最近ではCore Web Vitals(ページの読み込みパフォーマンス、インタラクティブ性、視覚的安定性に関する実際のユーザーエクスペリエンスを測定する一連の指標)など、Googleが重視する要素は年々変わります。この変化を見越して、SEO戦略の見直しを常に行うことが求められるのです。

重要なのは、ただ追従するだけではない点です。Googleの目的は、ユーザーに最適な情報を提供することです。その意味では、アルゴリズムの更新はその目指す方向を示す指針と言えます。そこに合わせてサイトを改善すれば、その結果として検索結果ページの上位表示につながる可能性があるのです。

適切なキーワードリサーチの難しさ

適切なキーワードが選ばれると、エンドユーザーが求めている情報をスムーズに提供し、検索エンジンでの評価も高まるため、SEO対策全体の成果に大きく影響します。

しかし、単に検索ボリュームが大きいキーワードを選ぶだけでは不十分です。競合他社のキーワード分析や、サイト内検索ベースのキーワード抽出、または時流に合わせたトレンドを反映したキーワード選定などを行うことが求められます。それには徹底的なリサーチが必要であり、ユーザーの検索意図に基づいたキーワード設定など、多方面からの視点が必須となります。

一方、特定の範囲に絞り込んだ長いキーワード、つまりロングテールキーワードは、競合が少なくて済むため、SEO対策の観点から有効な手法となります。とはいえ、これらを一つひとつ選定し、それぞれの検索結果ページ上位サイトからキーワードを抽出する作業は、時間と労力を必要とします。

そのため、キーワードリサーチにはWeb上のツールを上手に活用することをおすすめします。

キーワードリサーチは慎重に進めなければなりませんが、その難しさを乗り越えることで、SEO対策の成果を大きく左右することは間違いありません。

競合との差別化

SEO対策の課題の一つである競合との差別化は、駆け引きのようなものです。他のライバルたちと違うものを提供し、それがどれほど価値があるかを見せることが重要なのです。つまり、競合サイトを分析し、自分たちが何を提供でき、そして何を提供すべきかを理解することが大切になってきます。

競合との差別化を図るためには、いくつかの要素を考慮しなければなりません。まずはユニークなコンテンツ作成です。次に、ブランドの独自性を強化することで、一貫したメッセージ発信が可能になります。これによって、ユーザーエンゲージメントの向上も見込めます。

また、ウェブデザインも重要な要素の一つです。これには対話型コンテンツ(チャット対応ができるなど)の利用や、CTA(Call to Action)設置などが含まれます。これらの要素が組み合わさることで、ユーザーペルソナの作成や、定量・定性的なユーザーフィードバックの収集も効果的になります。

SNS連携による露出拡大や、デジタルPRを活用した信頼度UPも見逃せません。AIを活用したパーソナライズも有効な手段の一つとなります。

競合との差別化は、ただ単に競争から勝つためだけではなく、同時に自分たちの立ち位置を明確にするための重要なプロセスです。このプロセスを通じて、自社の強みを強調し、自社ならではのユニークな価値を提供することができます。

SEO対策成功のためのポイント

定期的な監視と改善

SEO対策は、単発の施策ではありません。持続的で絶え間ない努力が求められます。まず大切なのが、SEOツールの活用です。これらのツールはサイトのパフォーマンスや効果を数字によって可視化するための重要な武器となります。例えば、Google AnalyticsはWebサイトへの訪問者がどの語句でサイトに訪れたのか、滞在時間はどのくらいなのかなどを分析することができます。

次に重要なのが、競合サイトのチェックです。競合がどのようなキーワードで勝負しているのか、どのようなコンテンツを提供しているのかを把握し、自サイトの改善点を見つけ出せます。また、ランキング変動を定期的に確認することで自サイトのキーワードが検索結果でどう変動したのかを見極めることも大切です。

SEOは検索結果で上位に表示させるだけでなく、訪問者が目的のアクションを起こすこと、つまりコンバージョンを促すことが目的です。SEO施策とコンバージョン率最適化のための施策をうまく組み合わせ、訪問者一人ひとりの価値を最大化させることが重要です。

これらの一連の活動が、定期的な監視と改善の流れを形成します。

検索アルゴリズムの動的な状況を理解し、それに対応するためには、絶えず新しい知識を取り入れ、最新のトレンドや技術を学んでいくことが不可欠です。

さらに変化していくのは検索のアルゴリズムだけではありません。ユーザーの行動パターンも変化します。様々な変化に対応するためには持続的な学びの意識が重要です。

成功するためには、SEOを一日一日、長期的にコツコツと積み重ねていく姿勢が大切なのです

このようにSEO対策はそれなりの時間と労力が必要です。それが難しい場合は、SEOの専門家にその業務を委託することも一つの手段です。専門家に任せることで、自社のリソースをさかずとも最新のSEOトレンドに対応した適切な戦略を維持しつつづけることができます。

多角的なアプローチの採用

SEOにおいて、一つの手法に固執することは大きなリスクを伴います。なぜなら、検索エンジンのアルゴリズムは定期的に更新され、その都度対策方法も変わるからです。そのため、一つの手法に依存せず、様々な視点からSEOを考えることが必要となります。

例えば、”キーワード戦略”、”URL構造の最適化”、”内部リンクの重要性”、”外部リンクの効果”、”モバイルファーストインデックスの理解”、”画像SEO”、”動画SEO”、など、それぞれ異なる側面からサイトのSEO効果を上げることが可能です。

また、最近ではビッグデータを活用したSEOやAIとSEOなど、新たな視点を取り入れることも求められています。これらを含めた多角的なアプローチは、SEOの成功を担保するためのものであり、このことを理解し、実践することがSEO対策成功への大きな一歩となります。

それぞれの手法は単体で存在するものではなく、全体として組み合わさることで大きな効果を発揮します。一つひとつの手法を理解し、それぞれの特性と相互作用を考慮に入れた上で、計画的に戦略を練り、適切に実施することが求められます。

まとめ

SEOは、webサイトの検索結果順位を上げて多くのユーザーに見てもらうための非常に重要な手段です。あらゆるもののデジタル化していく世の中において、ビジネスの利益増加の大きな要素となります。しかし、SEO対策は様々な方法があり、その全てがうまくいくとは限りません。誤った対策は逆に順位を下げる恐れもあります。

さらに、SEO対策の立案から実行、評価までの一連の作業は専門知識を必要とし、時間もかかります。

SEO対策を行う時は突発的に行うのではなくまずは知識を取り入れ戦略立てて行うことが大切です。