お役立ち記事

お役立ち記事

  • カテゴリ
  • タグ

コンテンツマーケティングとは?実施のメリットをわかりやすく解説!

# コンテンツマーケティング

昨今主流となるデジタルマーケティングにおいてコンテンツマーケティングの重要性は増加しています。

本記事ではコンテンツマーケティングについての基礎知識からメリット・デメリット、そして実践のための手順についてお伝えします。

 

コンテンツマーケティングとは?

コンテンツマーケティングとは、「コンテンツ」(価値のある情報)を用いて顧客拡大を目指すマーケティング手法の一つです。ここでいうコンテンツはユーザーにとって有益な「価値のある情報」であり、記事、動画、画像、インフォグラフィック、ポッドキャストなど、様々な形式での発信方法が存在します。

このコンテンツによって、見込み客となる層を育成し、最終的には定期的な購買や利用をしてもらえる「ファン」にまで育てていくことによって効果を最大化していきます。

従来のマーケティング手法は「顕在層」(既に自社へ興味がある層)へのアプローチが中心でしたが、コンテンツマーケティングでは今後顧客になり得る「潜在層」を掘り起こし、コンテンツによって後押しをしてファンにしていくことに比重を置いたマーケテイング手法です。

コンテンツマーケティングは企業が目的を達成するために、顧客に価値のあるコンテンツを提供し、彼らとの長期的な関係を築くことを目指すものなのです。

コンテンツマーケティングの目的

コンテンツマーケティングの目的は大きく分けて二つあります。

まず一つ目、それは「顧客中心主義を実現し、価値を創造すること」です。つまり、顧客が欲しいと思う情報や解決策を提供することで、彼らの課題を解決し、その結果として自社のブランドイメージを向上させます。これにより、長期的な信頼関係が築け、ユーザエクスペリエンス(UX)を強化することが可能になります。その結果、顧客のエンゲージメントが増加し、リピート購入率が上がる可能性があるのです。

二つ目の目的は、SEO対策です。高品質な内容を提供することで、検索エンジンからの評価を向上させる効果があります。これにより自社のウェブサイトへのアクセス数が増加し、購買意欲のあるユーザーを獲得することが可能になります。また、SNSなどのソーシャルメディアでの拡散力もあります。ユーザーが自身のフォロワーに向けて自社のコンテンツをシェアすることで、ブランドの知名度が上がる可能性があります。

したがって、コンテンツマーケティングの目的は、自社の商品やサービスについての認識を高めること、そして長期的な信頼関係を築くことです。それにより、ブランドの評価を高め、購買行動へつなげることが狙いです。そのために、高品質なコンテンツを制作し、それを適切な形で伝えることが求められます。それが実現できれば、コンテンツマーケティングは大きな効果を発揮します。その結果、自社の成長を支える強力な戦略となるでしょう。

広告とコンテンツマーケティングの違い

広告とコンテンツマーケティングは、何が違うのでしょうか?それを理解するには、まず広告の本質を把握することが大切です。

広告は、商品やサービスの売り込みを行う手法です。広告主が自社の製品やサービスの特長を強調し、それが消費者のニーズに適合するかを示すことで、消費者の購買行動を誘導します。広告は一方的な発信が主流で、それに対する消費者の反応を直接測定することはできません。

一方、コンテンツマーケティングは、広告とは異なる手法です。製品の一方的な売り込みを行うのではなく、消費者に有益な情報を提供し、その情報を通じて企業と消費者の信頼関係を構築します。

コンテンツマーケティングは双方向性を重視しており、企業が提供する情報と消費者の反応の間には、コメント機能やフィードバックといった往復のやり取りが発生します。これにより、企業は消費者のニーズをより深く理解し、それに応じた商品やサービスを提供することが可能になります。

また、広告は短期的な効果を狙い、特定のキャンペーン期間中に売上を上げることを目指しますが、コンテンツマーケティングは中長期的な視点でのブランド構築を重視します。一度のキャンペーンでの成果よりも、継続的に高品質な情報を提供することで、ブランドの信頼性を高め、消費者のロイヤルティを育むことを重視ししているのです。

最後に、広告とコンテンツマーケティングの間には、目指すターゲットにも違いがあります。広告は広範囲のターゲットに向けて発信され、可能な限り多くの人々に商品やサービスを認識してもらうことを目指します。一方、コンテンツマーケティングは特定のニーズを持つ消費者を明確にターゲットとし、そのニーズに対する解決策を提供します。

このように、広告とコンテンツマーケティングは目的、手法、期間、ターゲットなど大きな違いがあるのです。

それぞれの手法が持つ特性を理解し、適切な戦略を選択することが、顧客の獲得と維持にとって重要となります。

PRとコンテンツマーケティングの関連性

コンテンツマーケティングは、PR(Public Relations/パブリック・リレーションズ)とも密接な関連を持っています。その理由は、両者がともにブランドイメージの向上と長期的な信頼関係構築を目指すからです。

PRは主に、企業の社会的価値と信頼性を高めるための活動です。その方法として、製品やサービスの情報を一方的に伝えるだけでなく、企業のビジョンや方針、取り組みを積極的に発信し、ユーザーや一般の人々に理解してもらうことを重視します。その結果、企業のブランドイメージが向上し、長期的な信頼関係が構築されます。

一方、コンテンツマーケティングでも、顧客にとって有益なコンテンツを提供することで、企業と顧客との間に信頼関係を築くことを目指すとています。

このように、PRとコンテンツマーケティングは、それぞれ異なるアプローチをとりながらも、同じような目的を持っています。したがって、PRとコンテンツマーケティングは互いに補完し合う関係にあり、一方を行うときは必ずもう一方を視野に入れるべきです。

具体的には、PR活動で得た企業の信頼性や社会的価値を高める情報をコンテンツマーケティングの素材として活用することができます。反対に、コンテンツマーケティングで作成した高品質なコンテンツは、企業のPR活動において有益な情報源となります。

以上のように、PRとコンテンツマーケティングは互いに深く関連しており、企業のマーケティング戦略においては両者を組み合わせて活用することが有効です。

なぜコンテンツマーケティングが注目されているのか

近年、コンテンツマーケティングの重要性が語られるようになりました。

なぜ注目されるようになったのか、その理由は、現代の消費者の行動と情報化社会の進化にあります。

はじめに、現代の消費者の行動に注目してみましょう。インターネットの普及により、消費者は自分の興味や欲求に応じて情報を探し、それに基づいて購買するようになりました。購買行動に至るまでのプロセスは以前と比べて大きく変わり、消費者自身が主導的に情報を得られることが多くなりました。その結果、企業が提供する情報が消費者の関心を引くことが、商品やサービスを売り出すうえで重要となりました。これが、コンテンツマーケティングの重要度を高めています。また、消費者が自由に情報を得ることができるようになったため、企業が提供する情報は真新しく、価値のあるものである必要が出てきました。

次に、情報化社会の進化に焦点を当てます。インターネットの発展とともに、情報の発信方法も多様化してきました。企業は自社のWebサイトやブログだけでなく、SNSや動画配信サービスなどを活用して、コンテンツを発信することが可能となりました。これにより、消費者に対して幅広い形式で情報を提供することができ、消費者の関心を引きつけやすくなりました。さらに、企業はこれらのプラットフォームで消費者の反応を確認し、それを基にコンテンツを改善することも可能となりました。これにより、消費者のニーズに対し精度良く応えることが可能となり、結果的に商品やサービスの売り上げを高めることが可能となりました。

最後に、コンテンツマーケティングは企業にとって、自社のブランドを形成・強化する効果的な手段でもあります。価値のある情報を提供することで、消費者から信頼を得ることができます。信頼を得ることで、消費者が自社の商品やサービスを選ぶ可能性が高まります。また、自社の考え方やビジョンを伝えることにより、消費者と企業との絆を深めることができます。

以上のように、現代の消費者の行動、情報化社会への変化、ブランディングの重要性が高まる中、コンテンツマーケティングは企業にとって必要不可欠な手法となっています。そのため、注目されていると言えるのです。

コンテンツマーケティングのメリット

コンテンツは一過性のものではなく資産になる

コンテンツマーケティングの大きな魅力は、作成したコンテンツが一過性のものではなく、企業の資産となる点です。広告は一度流れたら終わりですが、コンテンツは永続的に価値を生み出します。例えば、有益な情報を発信するブログ記事は、公開から時間が経った後も利用者に読まれ続け、新たな潜在顧客に対するアピールの場となっているのです。

 また、コンテンツの持つ永続性は、SEO対策とも密接な関係があります。SEO対策とは、自社のWebサイトが検索エンジンの検索結果で上位に表示されるようにする取り組みです。良質なコンテンツを作り続け、それをウェブサイト上に積み重ねることで、そのコンテンツが検索エンジンから評価され、自社のウェブサイトの検索結果の順位を上げることが可能になります。その結果、一度作ったコンテンツが長期にわたって新たな顧客を引き寄せる役割を果たします。

SEO対策について詳しい記事はこちら↓
SEOとは?対策の基本をわかりやすく解説!

このように、コンテンツマーケティングは、作ったコンテンツが永続的に価値を生み出すことができる点で、一過性の広告とは異なる強みを持っています。そのため、コンテンツ作成に投じる時間や労力は一度きりの出費ではなく、長期的な投資と捉えることができます。

 

広告宣伝費の削減が可能

コンテンツマーケティングを活用すると、広告宣伝費の削減が可能です。これは、自社の情報や商品を直接顧客に伝える以外にも、SEO対策やブランド認知度向上にも繋がるからです。従来の広告手法に比べて、コンテンツマーケティングは長期的な視点での投資と捉えることができます。

ブランド認知度向上は、コンテンツマーケティングの中でも特に重要な要素です。高品質なコンテンツを提供することで、その分野の専門家としての信頼性を構築し、さらにSNSでの拡散は、多くのフォロワーへの露出や口コミによる広告効果を生み出します。

広告宣伝費を削減するだけでなく、コンテンツマーケティングは購買行動への促進にも寄与します。商品やサービスの紹介はもちろん、特長や利点を強調するコンテンツを作成したり、実際の使用例や体験談を紹介することで、顧客の購買意欲を刺激できます。

 

顧客のロイヤリティや信頼が得られる

全てのビジネスにとって、顧客のロイヤリティ(忠誠心)や信頼を得ることは最重要課題の一つです。コンテンツマーケティングはその課題を解決する有効な手段となり得ます。

良質なコンテンツを提供することで、購買前から消費者はそのブランドや商品に対する理解を深め、信頼感を抱くようになります。その結果、コンテンツを提供した企業へのロイヤリティが生まれ、長期的な顧客関係の構築につながります。

コンテンツマーケティングは顧客のロイヤリティや信頼を得るための多角的なアプローチを可能にします。その結果、顧客との強固な関係を築き、長期的なビジネスの成長に寄与します。

 

潜在顧客にアプローチできる

コンテンツマーケティングのもうひとつの大きなメリットは、未知の潜在顧客を探し出し、積極的にリーチできることです。ここでいう「潜在顧客」とは、あなたのサービスや商品に対してまだ具体的な関心を持っていないかもしれないが、その可能性を秘めている人々のことを指します。そのため、彼らに対するアプローチは一般的な広告宣伝とは異なる手法を必要とします。

まず考えるべきはコンテンツマーケティングによるSEO対策です。ここでは「検索されやすさ」を高めることで、自社が提供する情報が潜在顧客の目に触れる機会を増やすことができます。興味を引くキーワードを用いることで、潜在顧客が知らない間にあなたのコンテンツに触れるきっかけを作り出すことが可能です。

コンテンツ自体が潜在顧客に直接働きかけるためのツールであるため、商品やサービスの特長を強調する記事、具体的な使用例や体験談を紹介するコンテンツなどは、読者に対して商品やサービスの価値を実感させ、興味を引き出すことができます。

コンテンツマーケティングを行うことで、自社のブランドやサービスについて知らない潜在顧客に対して、コンテンツを通じて有意義な情報を提供し、関心を引き出すことができます。

コンテンツマーケティングのデメリット

クオリティの確保と継続が難しい

まずはじめに、コンテンツマーケティングにおけるデメリットの一つに、クオリティの確保とその継続が難しいという点が挙げられます。コンテンツマーケティングを成功させるためには、高品質なコンテンツを提供し続けることが求められます。しかしこれは容易なことではありません。

なぜなら、一つ一つのコンテンツには、自社の商品やサービスに興味を持つ可能性のある消費者に対する深い理解と、それを魅力的に伝えるための独自の視点やアイディアが必要となります。それに加え、情報の質を保つためには最新のトレンドや市場の動向に敏感であること、そしてそれらを素早くキャッチアップし反映させることが求められます。これらは一定の専門知識やスキル、そして時間と労力を必要とします。

そのためにもクオリティを保ち、コンテンツ配信を続けるための組織体制や運用の仕組みを構築し、適切に運用し続けることが必要です。これらの要素が揃って初めて、コンテンツマーケティングはその効果を最大限に発揮することができます。

短期的な効果は見込めない

次に、コンテンツマーケティングのデメリットとして挙げられるのは、短期的な効果は見込めないという点です。コンテンツマーケティングは、一般的に中長期的な視点でその効果を発揮します。

具体的に言うと、コンテンツマーケティングは、商品やサービスの購入を促す直接的な呼びかけよりも、消費者に対する有益な情報の提供を通じて信頼関係を築き上げることを重視します。そのため、一度のキャンペーンや特定のコンテンツによって即座に売上が上がるといった直接的な結果は期待できません。

コンテンツマーケティングは、情報を発信し続けることで徐々にブランドの認知度を高め、消費者の購買意欲を刺激するといった戦略を取るため、一定の時間と労力を要します。この過程で、新しい顧客を引きつけるだけでなく、既存の顧客との関係を深めることで、長期的な顧客ロイヤルティの構築につなげることが可能になります。

これらの理由から、コンテンツマーケティングは短期的な営業目標を達成する手段とは言えず、その効果を実感するためには時間と忍耐が必要です。その一方で、一度築き上げた信頼関係や認知度は、ブランドの競争力を高める強力な武器となります。ですから、コンテンツマーケティングは、その成果を最大限に引き出すためには、長期的な視野と戦略的な取り組みが求められるのです。

コンテンツマーケティングの実践手順とは

ペルソナ設定

コンテンツマーケティング戦略を成功させるためには、まず始めにペルソナ設定が欠かせません。

ペルソナとは、マーケティングの対象となる顧客像(ターゲット)を具体的なキャラクターとして描き出したもので、これによりマーケティングの対象となる人々の理解が深まります。

ペルソナ設定を行う際には、まずターゲットとなる顧客の年齢、性別、職業などの基本情報から始めます。次にその人々のライフスタイルや趣味、価値観、消費行動なども詳細に調査し、具体的な一人の人物像として描き出します。これにより、その人物が何を求め、何に関心を持つのか、どのようなメッセージに反応するのかを具体的に理解することができます。

設定したペルソナを基に、課題やニーズを満たすようなコンテンツを作成することで、顧客への訴求力を高めることができます。具体的なペルソナを基にしたコンテンツ設計は、顧客との共感を生み出し、売上向上に繋がる可能性が高まるのです。

コンテンツ設計・目標設定

コンテンツ設計はコンテンツマーケティングの重要なプロセスです。これは、特定の目標を達成するために、どのような内容を、どのような形で配信するかを設計する作業です。ここでの目標とは、ブランドの認知度向上、ウェブサイトのトラフィック増加、リード獲得、売上向上など、ビジネス目標を具体的に設定したものです。

まず始めに、何を目指すのか、その目標を明確に設定します。例えば、「ブランド認知度を向上させる」、あるいは、「ウェブサイトへの訪問者数を増加させる」といった具体的な目標がそれに該当します。この目標設定は、後のコンテンツ制作や配信方法の選択に大きく影響します。

次に、その目標に達するために必要なコンテンツを設計します。この際、前項で設定したペルソナを参考にし、自社の商品やサービスを必要とする可能性が高い人々のニーズや関心を考慮に入れることが重要になってきます。それらを踏まえて、どのような情報を提供すれば彼らの興味を引くことができるのか、どのような形式でそれを配信すれば効果的なのかを考えます。

例えば、若年層をターゲットにした場合、彼らが日常的に利用するSNSに適したコンテンツ、または彼らの興味に繋がるトピックの記事を考えるでしょう。一方、ビジネスパーソンをターゲットにする場合は、専門的な知識を提供する記事や、業界の動向を解説したコンテンツが効果的かもしれません。

また、コンテンツ設計を行う際は、SEO対策のためのキーワードリサーチや、競合他社がどのようなコンテンツを配信しているかということを調査していくことも効果的です。

このように、具体的な目標設定とそれを達成するためのコンテンツ設計が、コンテンツマーケティング成功のための大切なステップとなります。

コンテンツ企画・制作

コンテンツを設計したら、次に重要なステップとなるのが、コンテンツの企画と制作です。

この段階では、良質なコンテンツを生み出すために、企画段階から慎重な準備が必要となります。

まず、企画段階では、ターゲットとなるユーザーを引きつけるためのコンテンツのテーマを決定します。その際、ペルソナ設定をベースに、ユーザーのニーズや興味を満たすようなテーマ選びが求められます。また、自社のサービスや製品がユーザーの課題解決にどのように貢献できるかを考慮に入れることも大切です。この段階でSEO対策のための適切なキーワード選定とその配置が欠かせません。

そして、制作段階では、企画したテーマを基にコンテンツを作成します。ここでは、文章だけでなく、画像や動画といったビジュアル面でも工夫が求められます。視覚情報はユーザーの理解を助け、情報の伝達効果を高めるため、特に重要です。

さらに、コンテンツがユーザーにとって分かりやすいかどうかも重要なポイントです。難しい専門用語を避け、シンプルで明瞭な表現を心掛け、ユーザーに情報を的確に伝えるようにしましょう。また、ユーザーが関心を持つ話題や、ユーザーが抱える問題に対する解決策を提供することで、コンテンツの価値を高めることができます。

この段階で最も重要なのは、コンテンツ企画・制作の段階では、常に「ユーザーの視点を忘れずにすること」です。ユーザーが情報を得ることで、情報を通じて何かしらのアクションを起こすことを目指すことで、コンテンツマーケティングの目標である「ユーザーの行動変容」へとつながります。

KPI設定し、PDCAサイクルを回す

コンテンツマーケティングを成功させるためには、KPI(重要業績評価指標)の設定と、PDCA(Plan:計画、Do:実行、Check:評価、Action:改善)サイクルの回し方が重要です。KPIの設定と実行により、コンテンツマーケティング活動の成果を可視化し、PDCAを通して改善を行うことが可能になります。

KPIの設定は、マーケティング活動の目標と戦略に基づいて行います。例えば、目標が「ウェブサイトのトラフィックを増加させる」なら、KPIとして「一定期間内のウェブサイト訪問者数」や「ページビュー数」などを設定し、これらの数値を定期的に測定します。目標が「リード獲得」であれば、「一定期間内の新規問い合わせ数」や「メールマガジン登録者数」などをKPIとして設定します。KPIの設定は、具体的かつ測定可能なものであることが重要です。

そして、PDCAサイクルを回すことでマーケティング活動の改善を図ります。具体的には、「P:計画」ではKPI達成に向けた施策を立案します。「D:実行」では立案した施策を実施します。「C:評価」では、実施した施策がKPIにどの程度寄与したか、データ分析を通じて評価します。「A:改善」では、評価結果に基づいて次の施策の改善点を見つけ出し、再度「計画」に戻ることでサイクルを回します。

KPI設定とPDCAサイクルを回すことは、単に数値目標を設定し、それを達成するためのアクションを行うだけではなく、そのプロセス自体がコンテンツマーケティングの改善につながる重要なステップです。このプロセスを繰り返すことで、マーケティング活動はより効果的になり、結果的にビジネスの成功につながります。

コンテンツマーケティングの将来性

AIやchat GPTを活用したコンテンツ作成

コンテンツマーケティングの将来性を語る上で避けて通れないのが、AI(人工知能)やChat GPTの活用によるコンテンツ作成です。これらの技術進展は、コンテンツ作成の環境を大きく変えつつあり、その影響は大きく、企業がビジネスで成功を収めるためには無視できない存在となっています。

まず、AIは人間が行う知的な作業をコンピュータに行わせる技術のことで、近年の進歩により、文章生成や画像認識など多岐にわたる分野で活用されています。AIは大量のデータからパターンを見つけ出し、そのパターンに基づいて新たなコンテンツを生成することが可能です。

また、Chat GPTは、OpenAIが開発した自然言語処理のAIモデルのことで、自然な対話を行うことが可能です。Chat GPTによるコンテンツ作成は、ユーザーとの対話型のコンテンツの提供を可能にします。ユーザーが何を求めているのか、何に興味があるのかをリアルタイムで理解し、それに最適なコンテンツを提供することが可能です。

これらのAIやChat GPTによるコンテンツ作成は、SEOにも大きな影響を与えます。AIはユーザーの検索傾向や行動パターンを学習し、それに最適なコンテンツを生成することで、検索エンジンのアルゴリズムに適応したコンテンツの作成が可能になります。

このように、AIやChat GPTを活用したコンテンツ作成は、コンテンツマーケティングの将来性を大きく左右します。これらの技術が進化することで、顧客のニーズに合わせたコンテンツが簡単に作成できるようになり、ユーザーのエンゲージメント向上に効果があります。また、これらの技術はSEOに大きな影響を与えるため、今後のコンテンツマーケティングの成果を最大化するためには、これらの技術の理解と活用が必要になってくるでしょう。

しかし、このようなAIを活用したコンテンツには自社の独自性が欠けてしまう傾向にあります。そのため、全てをAIに頼るのではなく、独自性のあるコンテンツの制作は人の手による監修が欠かせないでしょう。

 まとめ

コンテンツマーケティングは、デジタル市場での競争を勝ち抜くための有効な手法となります。

コンテンツマーケティングを行うことで、信頼関係の構築、SEO対策、ブランド認知度向上、長期的な販売促進などのさまざまなメリットが得られます。

コンテンツマーケティングの成功は、ビジネスの成長と持続的な利益を実現します。

闇雲にコンテンツを量産するのではなく、自社の求める成果や目的を見据えてコンテンツを作成していくことが成功への近道となるでしょう。