お役立ち記事

お役立ち記事

  • カテゴリ
  • タグ

デジタルマーケティングとは?基礎知識をわかりやすく解説!

デジタルマーケティングとは、インターネットなどデジタルを活用したマーケティング手法の一つとして、企業規模や業界・業種を問わず多くの企業が取り入れるようになってきました。

本記事では、デジタルマーケティングの基礎から主な手法や成功のための手順、注意点について詳しくお伝えします。

デジタルマーケティングとは

デジタルマーケティングは、インターネットやデジタルデバイスを活用したマーケティング手法の一つです。簡単に言うと、インターネットなどのデジタルな世界で顧客とつながり、商品やサービスを売る活動のことを指します。インターネットの普及と共にその重要性はますます高まっており、現在では様々な戦略が実践されています。

その具体的な手法としては、SNSマーケティング、コンテンツマーケティング、動画マーケティング、メールマーケティングなどが挙げられます。

デジタルマーケティングは、単にネット上広告を出すだけではなく、同時にアナリティクスを駆使してユーザー行動を収集・分析することが可能です。蓄積された消費者の行動データを活用することで、アナログ時代には見えなかった顧客の本音や興味関心の方向性、購買までの行動を高い精度で把握することができます。

そして、そのデータを元にKPI(Key Performance Indicator:主要業績評価指標)を設定することで、マーケティング活動の効果を定量的に評価することも可能です。これにより、ROI(Return on Investment:投資収益率)の向上やブランド認知度のアップにつながるのです。

デジタルマーケティングの目的は、売上の増加、新規顧客の獲得、既存顧客との関係の強化など、ビジネスの成長を実現することです。そして、それを達成するためには、ターゲットオーディエンスの特定とその特性に合わせたマーケティングの展開が求められます。つまり、デジタルマーケティングは、顧客とのより深い関わりを通じてビジネスを成長させるための重要な手段なのです。

デジタルマーケティングが重要視されるようになった背景

デジタルマーケティングが企業にとって重要視されているのは、現代社会のテクノロジーの進歩と普及、それに伴う消費者行動の変化、そしてマーケティング手法の進化によるものです。
テクノロジーの進歩により、スマートフォンの普及やAI技術の発展、IoT (Internet of Things) の広がりが見られ、これらのデバイスや技術を活用することで、企業は24時間365日、消費者とつながることが可能になりました。特に、スマートフォンの普及は、オンライン広告やSEO(検索エンジン最適化)、SNSマーケティングなど、デジタルマーケティングの主要な手法と連携を強化しました。これらの技術進歩により、消費者行動も大きく変化し、パーソナライズされた体験への需要が高まり、レビューや口コミ情報を重視する傾向が強まっています。現代の消費者行動の特徴は、特にSNSマーケティングやコンテンツマーケティングにおける効果的な手法となりました。消費者自身がブランドや商品の情報をSNSで共有することで、口コミの拡散力を駆使したマーケティングが実現しました。

そして、これに対応するために、マーケティング手法も進化しています。後ほど詳しくご説明しますが、データドリブンマーケティングやオムニチャネル戦略や既存顧客の定着化に役立つCRM(Customer Relationship Management、顧客関係管理)などの新たな手法が登場し、企業はこれらを用いて消費者に対するパーソナライズされたアプローチを行っています。

デジタルマーケティングを理解し、上手く活用することで、企業は消費者との接点を増やすことができ、消費者のニーズを的確に捉え、満足度を高めることが可能なのです。

このような要素が組み合わさり、デジタルマーケティングは一層その重要性を増しています。

デジタルマーケティングとWebマーケティングの違い

デジタルマーケティングとWebマーケティングは混合されがちですが、この2つのマーケティング手法には違いがあります。

そもそも、Webマーケティングとは、主にWebサイトを活用したマーケティング活動を指します。具体的な手法としては、ランディングページ(LP)の最適化やUX/UIデザインの改善などがあり、これらはWebサイトのユーザビリティを高めることで、ユーザーの満足度を上げ、結果的に商品やサービスの購入につなげることを目指します。また、Webサイトにブログ記事や動画コンテンツなどを作成・投稿するコンテンツマーケティングなどもWebマーケティングの一部といえます。

そして、デジタルマーケティングは、前述しましたがインターネットを使用したマーケティング活動全般を指します。

そのため、デジタル上で行われるWebマーケティングは、デジタルマーケティングの手法の一つなのです。

デジタルマーケティングの特徴

オムニチャネルの連動

デジタルマーケティングでは、オムニチャネルの連動が大きな特徴となっています。

オムニチャネルとは、お客様が商品やサービスに接する全てのチャネル(集客するための媒体・経路など)を連動させることを指します。通常、オンラインとオフラインでチャネルは異なりますが、オンライン・オフライン両方でシームレスに連携・統合させ、顧客に同じ体験を届けることを目指しています。

具体的には、ユーザーがオンラインで商品を見つけ、オフラインの店舗で試着し、最終的にモバイルアプリから購入するといった行動が可能であるということです。

そのため、オムニチャネルの連動は、消費者の購入経験を向上させ、売上を伸ばす効果が期待できます。そのため、、顧客情報の一元管理や、各チャネル間でのデータ共有など、データ管理と分析も重要になってきます。そのためには様々なITツールやAIの活用も視野に入れる必要があります。

デジタルマーケティングは、チャネルごとに情報が分断されずシームレスにつながった状態が理想であるため、オムニチャネルの連動は、デジタルマーケティングにおいて重要な要素なのです。

データドリブンに基づいたアプローチ

デジタルマーケティングの重要な特徴として、データドリブンに基づいたアプローチがあります。

データドリブンとは、収集・蓄積したさまざまなデータ情報に基づいてさまざまな意思決定を行いアクションを起こすことを指します。

デジタルマーケティングでは、収集したデータを元に顧客への理解を深め、販促やPRの計画を立案・実行していきます。データを元にアクションを行うことで、効果計測ができ、結果的に成功率の向上に繋がります。

利用するデータは様々です。顧客の購買履歴、ウェブサイトの訪問者数、ユーザーの行動パターンなど、ビジネスに関わる様々なデータを収集し、解析します。

客観的なデータに基づいて効率的かつ効果的な手法で顧客へアプローチすることができるのがデータドリブンなデジタルマーケティングの魅力です。

データ収集・管理・分析のためにはMAやCRMなどのマーケティングツールの導入・活用が必要になってくるでしょう。

CRMについて詳しい記事はこちら↓
『CRMで顧客満足度を高める!そのメリットと導入時の重要なポイント

デジタルマーケティングの主な種類・手法

SNSマーケティング

デジタルマーケティングの一つにSNS(ソーシャルメディア)マーケティングがあります。これは、FacebookやInstagram、Twitter、LinkedInなどのソーシャルメディアプラットフォームを利用したマーケティング手法です。その目的は、ブランドの認知度向上や商品の販売促進、ユーザーとのエンゲージメント強化など様々です。

昨今は検索エンジンではなく、SNS上で検索する人も増えています。SNS上の口コミは見込み客の意思決定を左右するため、重要性は年々上がってきており、対策は欠かせません。

効果的なコンテンツ作成と配信が必要であり、視覚的なコンテンツや有益な情報を提供することで、フォロワーとの対話を促し、ブランドへのエンゲージメントを向上さることができます。

また、ユーザー生成コンテンツ(UGC)やインフルエンサーの活用(インフルエンサーマーケティング)も効果的な手法です。ユーザー生成コンテンツ(UGC)は、ユーザーが自発的にブランドに関するコンテンツを作成・共有することで、見込み客に対して自然な形でブランドへの興味や信頼を高めます。そしてインフルエンサーマーケティングは、影響力のある人物を通じてブランドメッセージを広める手法で、広範な層へ効率的にアプローチできます。

SNSマーケティングは、デジタルテクノロジーの進化と共に変化し続けます。新たなトレンドを把握し、柔軟に戦略を調整していくことが求められていくのです。

SNSマーケティング・ブランディングについて詳しい記事はコチラ↓
SNSブランディングとは?5大SNSの種類と特徴、運用方法を解説

webサイト運用

デジタルマーケティングの一環として、Webサイト運用はその基礎と言える部分です。

webマーケティング分野でもあり、webからの問い合わせやセミナーへの申し込みを増やすためにサイト訪問者を増やす取り組みをしていきます。

サイト訪問者を増やすためにも、コンテンツの追加・更新は欠かせません。サイト回遊率を高めていくことで、CV率も向上させていくことができます。

また、Webサイトへ訪れたユーザー属性や行動を分析することで、効率よく目的の達成に役立てることができます。さらに、SEO対策によって、検索エンジン上位に表示されることで、自然流入を獲得することも見込めます。

また、SNSと連携させWebサイト情報を発信していくことで、検索エンジンだけでなくより広い範囲へのリーチが可能になります。

デジタルマーケティングはこのように様々な要素を組み合わせて運用することでさらに効果を大きく高めることができます。

コンテンツマーケティング

コンテンツマーケティングとは、消費者に価値ある情報・コンテンツを提供することで、信頼関係を築き、結果的に商品やサービスへの関心を引き出す手法です。

インバウンドマーケティングの一部でもあり、消費者が自発的に情報を求めブランドを探すことを促し、さらにこれはブランドの認知度を高めるための手法でもあります。

コンテンツマーケティングの具体的な手法としては、SEO対策をしたブログ記事作成・更新、SNS投稿、YouTube動画やWebセミナーのような動画コンテンツの配信が挙げられます。

コンテンツマーケティングは将来の顧客となり得る「潜在層」を掘り起こし、コンテンツによって後押しをして顧客にするということに比重をおいたマーケティングの手法なのです。

コンテンツマーケティングについて詳しい記事はコチラ↓
コンテンツマーケティングとは?実施のメリットをわかりやすく解説!

SEO(検索エンジン最適化)

デジタルマーケティングの中でも注目されるのが、SEO(検索エンジン最適化)です。

SEOとは「Search Engine Optimization(検索エンジン最適化)」の略でありネット上で検索したユーザーが求める価値のあるコンテンツを提供できるよう、最適化するとともに、検索エンジンからwebサイトの内容を正確に評価されるようサイトを最適化し訪れる人を増やす取り組みです。サイトへの流入数やCV数を向上させるために多くの企業が取り組んでいます。

SEO対策には適切なキーワードの選択や、定期的な見直しと改善、競合他社の動向観察などが必要です。また、モバイルファーストインデックスやボイスサーチ最適化、AIの進化といったトレンドも把握しておくことが大切です。

SEO対策について詳しい記事について↓
SEOとは?対策の基本をわかりやすく解説!

動画マーケティング

動画マーケティングとは、インターネット上で動画を使って自社の商品やサービスを紹介したり、ブランドイメージを高めたりするマーケティング手法です。動画は文字や画像よりも視覚的で感情的な訴求力があり、消費者の注意を引きやすいメディアです。

また、動画はSNSやYouTubeなどさまざまな動画配信プラットフォームで簡単に共有できるので、リーチ力が高く口コミ効果や投稿シェアによる拡散も期待できます。

動画マーケティングについて詳しい記事はコチラ↓
YouTube広告が注目される理由!その目的やメリット、動画を使ったマーケティング手法とは

メールマーケティング

メールマーケティングとは、メールを通じて商品やサービスを広告し、または顧客とのコミュニケーションを通じて販売を促進するマーケティング手法の一つです。特定のターゲットに対して直接メッセージを送ることができるため、一対一のコミュニケーションを可能にします。

メールマーケティングは、顧客に対して情報提供や販売促進を行うだけでなく、顧客の関心や行動に基づいてパーソナライズされたコンテンツを提供することも可能です。例えば、顧客が過去に購入した商品や閲覧したページに関連する商品情報を提供するなど、顧客が求める情報を的確に提供することができます。

メールマーケティングは、他のマーケティング手法と連携させることでより高めることができます。特にマーケティングオートメーションとの組み合わせは非常に効果的です。メール送信のタイミングや内容を自動化することでより効率的なマーケティング活動ができます。

デジタルマーケティングのKPI指標

マーケティングでは、達成すべき最終ゴールとしてKGI(Key Goal Indicator:重要目標達成指標)を設定し、そのKGIを達成するための過程の指標であるKPI(Key Performance Indicator:重要業績評価指標)を設定することが必要になります。

デジタルマーケティングにおいてもKGI、KPIの指標は重要になってきます。特にKPIはデジタルマーケティング特有の指標があるため、以下では代表的なデジタルマーケティングのKPI指標をいくつか紹介いたします。

CV数・CVR(コンバージョン率)自社の期待する行動(お問い合わせや商品購入など)を
ユーザーが起こしてくれた数
CPA(顧客獲得単価) CV1件あたりの広告費を指す指標
エンゲージメント率投稿数に対して得られたリアクション数
クリック数・CTR(クリック率)リンクがクリックされた回数
PV(ページビュー)数 サイト内の特定のページが開かれた回数
セッション数 ユーザーが特定期間内にサイトへ訪問してから
離脱するまでの回数
回遊率あるWebサイトに訪問したユーザー1人あたりのPV数を示す指標
離脱率サイトの特定のページを見た後にブラウザを閉じたり、
ほかのサイトに遷移したりする確率
直帰率ユーザーがサイトを訪問し最初の1ページ目で、
別のサイトへ移ったりブラウザを閉じたりすること
UU(ユニークユーザー)数サイトに訪問した「ユーザー」の数

などが挙げられます。

最終ゴールであるKGIを達成するために、これらの指標を用いてKPIを設定していくことが求められます。例えば、KGIが「売り上げを前年比15%アップ」であればKPIは「ホームページセッション数を30%アップ」「CVRを10%増やす」などが考えられます。

しかし、KPIの数値を達成しても、KGIの数値がなかなか結びつかないということも考えられます。その場合はKPIの設定がKGIにつながっていない可能性があるため、ひとつひとつ見直して指標を設定し直す必要性がであるでしょう。

KGIとKPIはそれぞれ独立したものではなく、連動して設定することが求められます。いわば、KPIがKGI達成のための足がかりとなるのです。

このように、デジタルマーケティングのKGIとKPI設定は、ビジネスの成功に直結する重要なプロセスです。このプロセスを理解し、適切に活用することで、ビジネスは大きく飛躍することでしょう。

デジタルマーケティングの成功に必要なこと

課題と目的を明確にする

デジタルマーケティングを成功させるためには、まず課題と目的を明確にすることが重要です。これは、具体的なゴールや方向性を設定し、必要な戦略や施策を見つけだすための基礎となります。

まずは、デジタルマーケティングで解決したい課題は何かを明確にするために、自社の現状分析を行い、課題を抽出します。

例えば、ブランド認知度の向上が必要か、新規顧客の獲得を目指すべきか、または既存顧客のリピーター創出に焦点を当てるべきか、といった具体的な課題を特定します。

課題が明確になったら、その課題を解決するためには何をしたら良いのか目的を定めることで、実際にどんな施策が必要になってくるかが見えてきます。

このように、自社の課題と目的を明確化することで、効果的な戦略を策定し、成功につなげるための具体的な道筋を描くことができるのです。

そのためにはSWOT分析や3C分析などのフレームワークを活用するといいでしょう。

ターゲットを明確化する

デジタルマーケティングにおいて、ターゲットの明確化は非常に重要です。これは、自社の商品やサービスを望む顧客を見つけ出すための最初の手順です。世界中の人々がインターネットを利用していますが、その全員が自社の商品やサービスを求めているわけではありません。そこで、自社が提供する価値を求めている具体的な顧客層、つまりターゲットとなるオーディエンスを見つけ出す必要があります。

ターゲットオーディエンスを特定する方法はいくつかありますが、その中でも一般的なのは「顧客のペルソナ設定」です。ペルソナとは、ターゲットとなる顧客の具体的なイメージを描く手法で、年齢、性別、職業、趣味、ライフスタイルなどを設定します。これにより、マーケティング戦略を策定する際の方向性がはっきりと見えてきます。

また、既存の顧客データを分析することも有効です。この分析により、どのような人々が自社の商品やサービスを利用しているのか、どのような人々が最も高い満足度を得ているのかがわかります。

ターゲットを明確にすることは、デジタルマーケティングの成功のための大切なステップです。このステップを念入りに行い、ターゲットとなるオーディエンスに最適なアプローチを行うことが、成功への道筋をつけることにつながります。

現実的なリソースやコストを取り決める

デジタルマーケティングの成功は、現実的なリソースやコストの取り決めに大きく依存します。全体のビジョンを持つだけでは不十分で、それを実現するための手段を明確に捉える必要があるのです。

ここでのリソースとは、デジタルマーケティングの推進に必要な人的、時間的、資金的な要素のことを指します。このリソースを適切に割り振ることで、効果的な戦略を立てることが可能になります。

コストについては、広告費やツールの導入費、人件費など、マーケティング活動にかかる全ての経費を考慮しなければなりません。コストを見極めることで、どのようなデジタルマーケティング手法を採用するべきか、どの程度のリターンを期待できるかという視点を持つことができます。

リソースとコストの取り決めは、企業の規模やビジネスモデル、マーケティング目標などによって大きく変わることを理解することも重要です。したがって、自社の状況に合わせたリソースやコストの確保が、デジタルマーケティングの成功へと繋がるでしょう。

ターゲットに合ったアプローチを行う

デジタルマーケティングでは、ターゲットに合ったアプローチが非常に重要です。これはターゲットオーディエンスの特定と深く結びつき、よりパーソナライゼーションされたメッセージを提供することで、ユーザーとの接触を深め、ブランドへの関心を高める役割を果たします。

ここで必要になってくるのがカスタマージャーニーです。これはお客様が商品やサービスを認識し、購入に至るまでの一連の経験を表すもので、それぞれのステージでのカスタマーのニーズや期待を把握することが大切です。これにより、最適なコンテンツやメッセージを提供し、ユーザーの行動を喚起することができます。

このカスタマージャーニーに基づき、カスタマーの行動を予測することでコンテンツマーケティングやSEO対策、SNSマーケティングなど適切なアプローチを取捨選択して行っていきます。

各要素は相互に関連し、全体として一貫した戦略を形成することが大切です。

効率的にPDCAサイクルを回す

デジタルマーケティングの成功には、PDCAサイクルを効率的に回すことが不可欠です。

多くの場合、P(Plan:計画)D(Do:実行)C(Check:確認)までは行いますが、A(Act:改善)までのサイクルを回さずに終わってしまうということがあります。

最初に設定した目標であるKPI指標が達成できているのか、自社で行ったデジタルマーケティング施策をしっかりと評価し、どんな改善点があるか解決策を導き出すことが大切です。

そして改善した施策でPDCAサイクルを回してくことで、事業の成長と共にデジタルマーケティングの効果も最大化します。デジタルマーケティングの成功の鍵は「試行・検証・改善」の繰り返しにあると言えるでしょう。

デジタルマーケティングを行う注意点

デジタルマーケティングを行うにあたっての注意点はいくつかあります。

まず一つ目の注意点は、マーケティング戦略の立案です。この段階で重要なのはターゲット設定です。具体的な顧客層を明確に設定せずに、一般的なマーケティング活動を行っても効果は半減します。より具体的にペルソナ設定をすることで、必要なコンテンツ企画を効率的に立案することが可能です。

また、デジタルマーケティングはデジタル広告などキャンペーンのように短期的に効果を求める施策もありますが、コンテンツマーケティングやSEO、メールマーケティングなどほとんどが中長期的に行う施策です。すぐに結果を求めるのではなく、長い目線でPDCAを回しながら効果を上げていくことが大切です。

最後に、デジタルマーケティングの最新トレンドにも注意を払うことが重要です。例えば、AIを活用したマーケティングや、最新のソーシャルメディアの活用などデジタルはどんどん進化しています。これらのトレンドを把握しておくことで、より効果的なマーケティング戦略を立案することが可能となります。

AIの台頭でデジタルマーケティングはどう変わるのか

AIの進化は、デジタルマーケティングの世界にも大きな波紋を投げかけています。その影響はまさに革命的ともいえるほどで、これからのマーケティング戦略に大きな変化をもたらすことでしょう。

分析作業の効率化

まず、AIを活用することで、デジタルマーケティングの分析作業が劇的に効率化されます。AIは、大量のデータを短時間で分析し、その結果を通じて意思決定を支援します。これは、「ビッグデータ」と呼ばれる、膨大な量のデータを活用するための助けになります。ビッグデータは、顧客の行動パターンや購買傾向、市場の動向など、膨大な情報を含んでいますが、その分析には高度なスキルと時間が必要でした。しかし、AIの力を借りれば、複雑な分析作業も一瞬で終わり、より正確な結果を得られます。

パーソナライゼーション

次に、AIは、「パーソナライゼーション」の進化を実現します。パーソナライゼーションとは、個々の顧客のニーズに合わせてサービスや商品をカスタマイズすることで、より良い顧客体験を提供するための手法です。AIは、顧客の購買履歴や好み、傾向などを学習し、それに基づいて個別のマーケティング戦略を提案します。これにより、顧客一人ひとりに最適な提案を行うことが可能になります。

自動化

また、AIの進化は「自動化」の領域にも影響を与えます。AIは、繰り返しの作業やルーティンワークを自動的にこなすことができます。これにより、マーケティングの専門家たちは、より戦略的な作業に専念することが可能になります。例えば、メールマーケティングの配信タイミングやターゲットのセグメンテーション、SNS投稿のスケジューリングなど、これまで人の手が必要だった作業をAIに任せることで、人間のクリエイティビティを最大限に活かすための時間を確保することができます。

さらに、ChatGPTの台頭により、コンテンツ制作においても自動化が可能になってきました。AIによって自動生成された商品説明文やブログ記事などはすでに様々な企業で活用されています。ChatGPTを使って自動生成したコンテンツをもとに人間が内容をブラッシュアップすることで、より高品質なコンテンツが短い期間で制作できるようになるのです。

これらの変化は、デジタルマーケティングの効率と効果を大幅に向上させます。AIという最先端の技術を駆使し、より良いマーケティング戦略を構築することで、企業は顧客の満足度を高め、ビジネスの成功につなげることができるのです。デジタルマーケティングにおけるAIの役割は、今後ますます大きくなっていくことでしょう。それを理解し、適切に活用することが、これからのビジネスの成功を左右する要素となるのです。

まとめ

デジタルマーケティングは、デジタルテクノロジーを活用して消費者とコミュニケーションを取り、製品やサービスの価値を伝え、売上を向上させる手法です。

従来のマーケティングだけでなく、デジタルマーケティングも活用することで更なる売上アップや認知度向上が見込めます。

グローバル化、そしてデジタル化が進む現在のビジネスにおいて、激しい市場競争を勝ち抜くために、デジタルマーケティングを販促活動の大きな軸としていくことが必要になっています。

自社の目指す目的を明確にし、自社に合ったデジタルマーケティング手法を選びながら、施策の運用・改善を行っていくことが大切でしょう。