ブランディング

ブランディングとは?正しい意味や使い方をわかりやすく解説!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

「ブランディング」とは、今や大手の企業だけが取り組むべきことではなくなりました。ブランディングの必要性や、ブランディングすることによって生まれるメリット、仮に行わなかった場合にどのようなことが起こるのか?を考えることで、改めてその重要性を理解しておきましょう。

そもそもブランディングの意味とは?

「ブランディング(Branding)」とは、その名の通り「ブランド」を構築・形成していくためにおこなわれる多様な活動のことを指す言葉です。

 「ブランド」は、市場における競合商品との区別や差別化するために必要な要素。商品自体特徴や機能・デザインはもちろん、ブランドのシンボルマーク、商標、名称、ブランドカラーのほか、キャッチフレーズ、パッケージデザインといった総合的なものがブランドを形成しています。

 作り上げた「ブランド」を広く消費者に認知させ、市場における自社や商品・サービスのポジションをより明確にしていくことが「ブランディング」ということ。

消費者が「〇〇といえば、あの商品」「このパッケージは、この商品」「このマークはこの企業の商品」という風に市場やターゲットとなる顧客に浸透させることがブランディングの目的となります。

なぜ?ブランディングが必要なのか?

「あなたは、今日何個のブランドを目にしましたか?」と聞かれて、正確な数を答えられる人はおそらく存在しません。私たちが「ブランド」として意識していないだけで、街中にはブランドが溢れています。店舗の看板や、スーパー・コンビニエンスストアの商品棚に並んでいる商品、自動販売機、自動車のエンブレム、電車の中吊り広告。少し街に出ただけで目にするほぼすべてにブランドがあると言っても過言ではないのです。

現代においては分析を詳細に行った上で、ブランド戦略をしっかりとおこなってはじめて市場において勝負ができる状況であり、ブランディンが必要とされない商品やサービスはほぼ存在しないと考えるべきです。

ブランディングのメリット

「ブランディング」に多様な利点があるということは多くの方が理解されているとは思います。ここでは改めて「企業から見たメリット」、「顧客から見たメリット」それぞれについて考えてみたいと思います。

企業にとっての利益

・価格競争からの回避・脱却

市場でのポジションを確立し、ブランディングが世間に浸透していけばそれだけで付加価値が生まれることになります。逆に言えば、ブランディングが出来ていない段階では「価格競争」に巻き込まれざるを得ない状況であるとも言えます。 ブランディングをおこなうことによって、あなたが提供する商品やサービスに対して適正な価格設定ができるようになるというのは大きな利益につながります。

・ファンを作り、定期的な購入・利用が生まれる

どんなブランドでも立ち上げ当初はすべてが新規顧客です。

「一度しか購入してもらえない」「一度しか利用してもらえない」すべてが単発で終わってしまう状態であれば、安定した売上にはつながりません。必要なのは継続的・定期的に購入してくれるような「ファン」を作ること。ブランディングが成功すれば顧客の中から、商品・サービスにより愛着をもつ「ファン」が生まれることで、リピートをする顧客の割合が増え、安定的な売上を生み出すようになるのです。

・採用において優秀な人材の確保につながる

ブランディングは顧客に対してのものだけではありません。ブランディングに成功すれば、企業やブランドの知名度や認知度が自ずと向上します。

就職や転職においては少しでも名前を耳にしたことがある、より有名な企業の方が求職者からは選ばれやすいというメリットも。ブランディングが進めばそれだけ優秀な人材を確保することができるという、企業にとって大きな利益にもつながるのです。

消費者・顧客にとっての利益

・購入までの意思決定スピードを短縮できる

ブランディングによって、市場や消費者の中で知名度や信頼性が高まることによって購入を検討する時間の短縮をすることができます。「この会社が出す商品だから」、「このブランドの新しいシリーズだから」といった形で、購入行動までの意思決定で迷う時間が一気に短くなることは消費者にとっても大きなメリットです。

「指名買い」をしてくれる顧客が増えれば、企業にとっても大きなメリットであることは言うまでもありません。

ブランディングを怠るとどうなるのか?

では、ブランディングを全くしない状態では何が起こるでしょうか?

一番わかりやすいのは「価格競争」でしょう。

例えば、コンビニで売られている緑茶すべてが全く同じボトルで、パッケージデザインにも全く差がなかったとしたら、あなたはどのお茶を選びますか?

仮にバラバラの価格が設定されていたとして、「どれがどのメーカーのお茶なのか?」の認識が全くできなくなった時、購入の上での基準になりがちとなってしまうのは「価格」です。

ブランディングが上手くできていない企業がどのように売上を伸ばしていくのか?を考えたとき、より簡単に顧客を獲得するためにできる施策が「価格を下げること」です。しかしこれには大きなリスクを伴うこととなります。

価格を下げることにより当然「利益率」は下がります。コストの削減を考えた時、プロモーションに費やしている費用なども削る必要が出てくることに。プロモーションにお金を使えなくなれば、新規の顧客獲得が難しくなるという悪循環を生んでしまう可能性も十分考えられます。だからこそ、「ブランディング」を怠ってはいけないのです。

中小企業こそブランディングの時代

「ナショナルブランド」と呼ばれるような大企業がおこなっているブランドの展開や、服飾・宝飾系の「ハイブランド」が展開している「ブランディング」が目につくことが多いため、「自分たちには無縁でハードルが高いもの」と感じてしまう中小企業の経営者も多くいらっしゃいます。しかし、本当は中小企業にこそブランディングが必要となります。

それは、競合となる会社や商品・サービスが多数存在していることが大きな理由。

誰もが知るような企業の商品やサービスは、すでに「ブランディング」や市場における「ポジショニング」などすべて済んでいるため、一定のファンの獲得も出来ているためブランディングをそこまで重視しなくてもいい状態です。

逆に、中小企業の場合「お客様に選んでもらうため」に何らかの方法で頭一つ出る必要があるのです。消費者にとって「価格や性能、機能などにおいて大差の無い、似通った商品・サービス」という漠然とした商品の中から「この商品を選んで買いたい」と感じさせるためにはブランディングは欠かせません。

各種SNSなど企業側からの発信がより簡単になった現代において、中小企業こそより気軽にブランディングができる時代となっています。中小という企業規模だからこそ明確なブランディング戦略を立て、理念やビジョンを社内で共有しながらブランディングをはじめていくことが可能となります。

ブランディングまとめ

ブランディングの必要性や重要性を改めて考えてみるとブランディングを怠ることによって生まれる不利益の方が大きいということがわかってくると思います。その重要性は市場でポジションを確立している大企業より中小企業の方が大きく、サイトやSNSによる情報発信や拡散が容易になった現代においてはさまざまな手法を探りながらより多くの顧客に対してアピールしていくことが大切だと考えられます。

企業出版のクロスメディアマーケティングは、書籍・出版の持つ信頼性や書店やAmazonという新たな場での認知拡大・知名度向上の機会によって、貴社のブランディング強化のお手伝いをさせていただきます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

ベストセラー編集者があなたのための
ブランディング出版企画を考えます









ご相談・資料請求はこちら ▶